日高町長選告示 現職が第一声

 日高町長選が17日に告示され、午前中に現職松本秀司氏(62)=志賀、1期=だけが立候補を届け出た。出陣式には支持者や日高地方の県議、首長ら約300人(主催者発表)が参集。無投票ムードが漂う中も、松本氏は「誠実と実行をモットーに、笑顔で健康に暮らせる安心、安全のまちづくりへ全力を尽くしたい」などと気を引き締め、力強く第一声を放った。
 松本氏は「これまで4年間も町政のため頑張ってきたが、全ての課題がクリアできたわけではない。これから4年間も精いっぱい町民のため頑張る覚悟。子育て支援や教育環境の充実のほか、防災や避難道路の整備、高齢者のためのサロン、介護予防、産業振興にも力を入れる」と決意。さらに「皆さんとともに汗をかき、知恵を出しながら、一つ一つコツコツと着実に積み上げていきたい。支援をいただき、町づくりにしっかり励むことを約束する」と声を張り上げた。
 上田充宏後援会長は「1期4年間はだれもが住んでよかった町づくりへ多くの課題に取り組み、実績を残した。みんなで2期目の町長を誕生させよう」と呼びかけた。来賓祝辞では仁坂吉伸知事のメッセージが代読されたほか、二階俊博自民党幹事長秘書の二階俊樹氏、冨安民浩、坂本登の両県議、日高郡町村会長・県町村会副会長の森下誠史美浜町長、自民党県連、公明党県本部、連合和歌山の幹部が激励した。
 後援会青年部の小林久起部長の発声でガンバローコールも行い、必勝を期した。このあと、松本氏は選挙カーに乗り込み、町内で街宣した。

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る