幼児期に絵本との出会い

 摂南大学の研究論文に「幼児期の絵本の読み聞かせが就学後の読書に及ぼす影響」というのがあった。それによると、小学校1、2年生を対象に幼児期における家庭での絵本の読み聞かせの状況と現在の読書に対する態度などを調査。幼児期に絵本の読み聞かせをしてもらった子どもは、現在も絵本はもちろん、読書すること自体が好きで、読書量も多いという結果が出た。
 読書量が多ければ、文章を読み解く力が身につく。学校の勉強を例に取れば、国語に限らず他の教科でもこの力がなければ学習にならない。当然、大人になっても新聞や契約書、説明書などを読み解く力が必要になる。さらに、読書には▽問題解決能力がつく▽表現力が豊かになる▽論理力がアップする▽アイデア力がつく――などのメリットもある。
 そんな素晴らしい読書を増やすために、要は幼児期に絵本に触れさせてあげることが大切だということ。親が読み聞かせをしてあげたり、保育所などで絵本を読む機会を増やしてあげたりするのがいい。日高地方の各市町では、定期的に読み聞かせの会なども開かれており、そういった場に参加するのもいいだろう。
 さらに、絵本に親しめるイベントが今月12日の日高川町を皮切りに、印南町、御坊市、日高町で行われる。講談社の読書推進事業で、550冊もの絵本を積んだキャラバンカーが各会場を訪問。この機会にぜひ子どもたちを連れて行って絵本との楽しい思い出をつくってもらいたい。
 そして、活字離れが言われている中、日高新報など新聞業界も生き残りをかけ、幼児への絵本推進は他人事ではないと思う、きょうこのごろである。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 特殊詐欺に気をつけましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  2. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  3. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  4. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  5. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る