梅の郷救助隊が気仙沼を訪問

 民間災害ボランティア団体、紀州梅の郷救助隊(尾﨑剛通隊長)の隊員8人は7・8日、東日本大震災被災地の宮城県気仙沼市を訪れ、被災者と交流するイベントなどを開催。癒やしのひとときを提供した。
 同隊は震災発生後に同市で支援活動を展開し、遺族から捜索依頼を受けて犠牲者の遺骨や位牌などを見つけた。その後も被災した住民らと交流を続け、震災時に避難所となった浄念寺を毎年訪問している。
 ことしは、初日にガラスコップで作った灯籠を「いのり」という文字の形に並べ、同寺の高橋一世住職が法要を行った。ろうそくは同隊と交流のある三重県のボランティア団体「明かりプロジェクト桑名」が提供。救助隊メンバーのほか寺の関係者ら約20人も列席し、犠牲者の冥福を祈った。
 2日目は交流会を開き、同隊梅ママ隊の女性メンバーがいなり寿司やめはり寿司などを調理して被災者ら約30人に振る舞った。食事を交え、輪投げやくじ引きなどのゲームも楽しんだ。景品には住民から提供のあった日用品などを用意し、子どもからお年寄りまでが参加して盛り上がった。お土産として、岩代小学校児童の手作り梅干しなども手渡した。被災者からは「震災から7年になるが、こうして毎年心をかけていただいて訪問してくれる団体は少ない」と感謝の声も聞かれた。
 尾﨑隊長は「震災から月日がたっても外出したがらない被災者も中にはいるが、心の傷は年々癒えているように思う。『来年も来ます』と約束しました」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る