御坊市役所で和田勇パネル展

 御坊市の名誉市民第1号で1964年東京オリンピック誘致に尽力した和田勇の功績を多くの市民に知ってもらおうと、市と和田勇顕彰会(吉田擴会長)は10日から、市役所1階ロビーで初のパネル展をスタートさせた。名田町で過ごした幼少期、全米水泳選手権での日本選手団受け入れなど功績や生涯が分かる20枚を展示。NHK大河ドラマへ取り上げられるよう、市民レベルで機運を盛り上げていく。
 市と同顕彰会では東京オリンピックをテーマに2019年に放映されるNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に、1964年東京五輪誘致実現に大きく貢献した和田を取り上げてもらおうと、昨年度からさまざまな顕彰活動を展開している。今回は市民に和田の偉大さを知ってもらい、地域をあげて大河に取り上げてもらう機運を盛り上げていこうと企画した。
 パネルは顕彰会の協力で県が作製。ことし2月に東京で開催された和歌山県出身の偉人をテーマに語るシリーズの第7弾「和田勇シンポジウム」の会場となった明治大学駿河台キャンパスで展示した20枚。アメリカワシントン州で生まれ、両親は小さな食堂を経営していたが生活は苦しく、4歳から9歳まで和歌山の祖父母に預けられた。御坊市名田町祓井戸で過ごした幼少期の様子や、戦後間もなく開催された全米水泳選手権で古橋広之進ら日本選手団を自宅に受け入れて献身的に世話したこと、私費を投じて中南米やヨーロッパを回って支持を呼びかけ、当初の下馬評を覆して東京五輪誘致に成功した功績など分かりやすく紹介。東京五輪後もメキシコ五輪、ロサンゼルス五輪誘致に力を注いだほか、日系人高齢者のための「日系引退者ホーム」を建設、運営するなど福祉事業にも尽力したことを写真入りで説明しており、和田の功績が一目で分かるようになっている。
 初日午前10時には柏木征夫市長、吉田会長ら顕彰会メンバーらが集まり、パネルをお披露目した。柏木市長は「いいパネルを作ってくれた。名誉市民第1号の和田さんのことを市民の皆さんに知ってもらいたいので、気軽に足を運んでもらいたい」とPRし、吉田会長も「NHK大河ドラマに取り上げてもらえるよう、まずは多くの人に理解してもらって、市民から機運を盛り上げていきたい」と話していた。
 27日まで。終了後は御坊商議所会議所が運営する御坊寺内町会館で展示する。

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る