チームワークの勝利

 大阪桐蔭(大阪)の36年ぶり史上3校目となる春連覇で幕を閉じた第90回記念選抜高校野球大会。県勢の智弁和歌山も本当によく頑張った。上位2校は最後まで諦めない姿勢だけでなく、チームワークが光っていたと思う。
 準々決勝、準決勝と2試合連続5点差をはね返して決勝進出を決めた智弁和歌山。特に印象に残っているのが、東海大相模(神奈川)との準決勝である。1点リードされた6回の守備。無死から四球で走者を出し、2失策で簡単に2点を追加された。なおも2死から適時失策があり、試合の流れを完全に譲ったかに見えた。だが、ここから智弁和歌山ナインはすごかった。直後の攻撃で1点を返すと、8回に4長短打を集めて試合を振り出しに戻した。ミスをしても、みんなで取り返す。全員野球の場面だった。和歌山大会で取材していると、失策を記録してもベンチからは「ミスはある、その次、そのあと」と声が飛ぶ。きっちりとカバーリングができているか、次のプレーにどうつなげていくか、常にみんなでばん回しようとする意識を持っていることが、劇的な逆転勝ちを生んだのであろう。
 大阪桐蔭も同じ。プロ注目選手がそろうが、チームのモットーは何度かこのコラムで紹介した通り「一球同心」。全員野球だ。こちらも実際に取材した試合で気がついたのは、ベンチの選手もグラウンドへ出てプレーしているかのような集中力を持って試合に参加していたことだった。9人だけでなく41人の力が一つになったからこそ、偉業を成し遂げられたのだろう。
 レギュラーだから、ベンチにいるから、そんな気持ちを持っていればチームワークは発揮できない。見習うべきところである。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. めっちゃ甘いですやん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る