人は心でつながっている

 先日、西アフリカ伝統の太鼓「ジャンベ」と、和太鼓の2人の奏者のセッションがあり、取材を兼ねて聴かせてもらった。紙面でも紹介したが、ジャンベのプロ奏者であるセネガル出身のシディ・トラオレさんと、和太鼓奏者の原ケイジさんのコラボ。和太鼓はなじみ深いが、ジャンベの音を聞いたのは初めて。音楽が苦手な筆者は皆さんに伝える例えを出せないのが心苦しいが、心に響く音色とエネルギッシュなリズムは聞いていて本当に心地よかった。何より2人とも楽しそうに演奏している姿が印象的だった。
 ジャンベは、古くは互いのコミュニケーションの道具として使われていたという。われわれに身近な和太鼓も歴史が古く、調べると縄文時代にはすでに情報伝達の手段として利用されていたと書かれていた。国は違っても、歴史や用途は通じるものがあり、たたき方や音は違っても、ジャンベと和太鼓が見事に融合していたことにも納得。もちろん、2人の奏者が互いをリスペクトしていることが一番大きく、どんな分野でも相手を思いやることが最も大切だと感じた。
 イベントを主催したのは、NPO法人ワークス・アールブリュット推進協議会の玉置徹代表。生の芸術と訳されるアールブリュットと太鼓には「プリミティブな要素が根底にあることが共通している」とこのイベントを企画した。プリミティブとは原始的な等の意味がある。アールブリュットはプリミティブアート(原始美術)が根底に潜んでいるといわれ、太鼓は古くから伝達で使われていたから、原始的なところで共通ということだろう。太鼓もアートもやるのは人。国や人種、育った環境が違っても、人と人は皆、心でつながっているのだと感じた。      (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る