ワショクの味はいかがですか

 日高町志賀(柏)、カフェ「Coast Caf楽(がく)」を経営する湯川克巳さん(61)が、民間レベルでの外国人観光客誘致に取り組んでいる。3日にはタイ観光客をランチタイムに受け入れて、和食でおもてなし。ことし6月には、カフェ近くの実家を同町内第1号の民泊施設にする計画も立てている。
 湯川さんは、東京で勤めていたIT関連会社を退職したのを機にUターンしてきて、昨年4月に妻の由美子さんとともに実家の農業倉庫を改造して、海が見えるカフェをオープン。店内でフラメンコダンスのイベント行ったり、地域活性化イベント「御博(おんぱく)」に参加したりするなど、住民の出会いと交流の場の提供や情報発信拠点などになるよう、コミュニティーカフェとしての役割も担っている。
 ことし2月には、県民文化会館で開かれた県観光プロモーター市場説明会に参加。香港、台湾、韓国、タイ、中国、インドネシア、ベトナムのプロモーターからそれぞれ観光についての説明を受けるとともに、カフェでの受け入れをアピール。その結果、3日にはタイの観光客9人が訪問。「和の膳」としてハクサイと豚肉のミルフィーユや豆腐とエビしんじょうのあんかけ、ブリの照り焼きなどのメニューを提供。観光客からは「和食が一番おいしい」などと好評となった。湯川さんは、ことし6月から民泊の施設にする実家(許可申請中)も案内。落ち着いた佇まいの日本建築と低料金の設定に関心が高く、「来年はぜひ泊まりに来たい」との声が出ていた。現在、日高地方では印南町や日高川町に民泊の施設があるが、日高町内にはなかった。
 湯川さんは、県サイクルステーションとしての登録も申請中。カフェがちょうど海岸線のサイクリングコース沿いに位置しており、サイクリストの民泊も受け入れていく。

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る