認知症本人ガイド全国版が完成

 厚生労働省の事業で、御坊市介護福祉課の谷口泰之係長が委員の一人として作成に取り組んでいた、認知症診断直後に役立つ「本人ガイド」が完成した。谷口係長は「認知症になってもこんなことができる」という本人視点で積極的に意見や提案を行い、御坊の取り組み事例もガイドに盛り込まれている。全国の全市町村に配布され、認知症と診断された本人や家族の不安解消につながると期待されている。
 厚労省の2017年度老人保健事業推進費補助金を活用して地方独立行政法人東京都健康長寿医療センターが取り組んだ「認知症診断直後等における認知症の人の視点を重視した支援体制構築推進のための調査研究事業」の一環。これまで、認知症と診断されてから支援を受けるまでの手引きがなかったことから、初めて本人ガイドを作成することになり、全国から団体代表ら12人を作成チームのメンバーに選出。その1人に、認知症支援で全国先進地の御坊市から谷口係長が選ばれていた。
 タイトルは「本人にとってのよりよい暮らしガイド~一足先に認知症になった私たちからあなたへ~」。24㌻にわたって認知症本人が、自分が診断されたときの思いやどのように前へ進んで行けたかなど、メッセージを送る形に仕上げている。
 内容は「一日も早くスタートを切ろう」「これからのよりよい日々のために」「あなたの応援団がまちの中にいる」「わたしの暮らし」の4つ。それぞれの項目別に「町に出て味方や仲間と出会おう」「やりたいことにチャレンジしよう」「できないことは割り切ろう、できることを大事に」などとアドバイスしている。「わたしの暮らし」では本人が普段の生活の様子をつづっており、御坊市の西山昭二郎さん(90)の暮らしも2㌻にわたって取り上げられている。ほかにも御坊で開かれた本人サミットや、倉庫ミュージアムwawawaで開かれた「ごぼうホッとサロン」の様子の写真も掲載されている。谷口係長は「認知症になったら何もできないというイメージを払しょくし、認知症になってもこんなことができるということを伝えられたし、診断された人が前向きになれるガイドになりました。作成チームには認知症本人2人も入っていましたが、2人とも『こんなガイドに早く出会いたかった』といわれていました」と充実した内容に仕上がったことを強調。「すべての市町村に配布されていますので、ぜひ活用してください。診断直後のショックや不安が少しでも解消されることにつながってほしい」と話している。ガイドは東京都健康長寿医療センターのホームページでも閲覧できる。
 御坊市では、御坊版の本人ガイドを作成することにしている。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る