御坊でジャンベと和太鼓が競演

 御坊市のNPO法人ワークス・アールブリュット推進協議会(玉置徹代表)が主催した初の地域コラボイベント「ジャンベと和太鼓の真剣勝負」が31日、御坊市島の倉庫ミュージアムwawawaで開催。ジャンベ奏者のシディ・トラオレさん(セネガル)と和太鼓奏者の原ケイジさんが特設舞台で熱いビートを鳴らすパフォーマンスで盛り上げ、約100人の観衆は国境を超えた音楽の見事な融合に酔いしれた。
 玉置代表が、アールブリュット作品を身近に感じてもらえるよう、オリジナル作品をたくさん展示・販売するなど情報発信拠点となっている倉庫ミュージアムで、地域住民と一緒にイベントを開催していこうと地域コラボを企画。太鼓とアールブリュットにはプリミティブ(原始的)な要素が共通していることに着目し、第1弾として、日本とアフリカの太鼓奏者2人のセッションで、アールブリュットとも融合したイベントにしようと開催した。
 シディさんはアフリカ・セネガル出身で、西アフリカ伝統の太鼓ジャンベのプロ奏者。原さんは天音太鼓の元メンバーで現在はソロの和太鼓奏者として活躍している。国境を超えた太鼓の競演イベントは珍しく、地元御坊市ほか県内、大阪からも来場し、注目度の高さをうかがわせた。
 はじめは原さん、シディさんがそれぞれソロ演奏を披露。ばちで打ち鳴らす和太鼓の響き、手で奏でる軽快なジャンベの音色に観衆はうっとり。セッションでは、アドリブで互いに同じリズムを刻みあったり、エネルギッシュなパフォーマンスを見せ、観衆は手拍子を打ったり、「ワサワサー(セネガルでイェーイの意味のかけ声)」と声を上げるなどノリノリに応え、会場が一体となって大いに盛り上がった。途中で和太鼓とジャンベについて説明するトークコーナーや、シディさんがセネガル伝統のサバールダンスを披露し、西アフリカの歴史や文化に触れる機会にもなった。休憩中には飾られているアールブリュット作品を手にする人も多く見られた。
 友達と来場した50代女性は「ジャンベは初めて聴きましたが、和太鼓と融合していて、心に響きました。2人とも楽しそうに演奏していて、こちらも楽しくなりましたし、国が違っても通じ合う音楽の素晴らしさを感じました」と満足していた。玉置代表は「地域の皆さんが、足りなかったいすを貸してくれたり、本当にいろいろ助けてくれたおかげで開催できました。これからも地域の皆さんとのコラボイベントを開催し、アールブリュットをより身近に感じてもらえるようにしていきたい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. このキラキラ 年季がちがいます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る