カツオはいずこに?

 「目に青葉  山ほととぎす 初鰹」。季節を感じながら季節の味を大切にする日本の食文化にあって、カツオは代表的なもの。ことしも旬に入り、食卓にはたたきや刺し身が並ぶのではないだろうか。
 先月25日、すさみ町で全国カツオまつりが初開催された。カツオ好きの筆者は「きっと全国のおいしいカツオ料理がいただけるに違いない」と思って当日会場へ。ちなみに高速道路を使ったが、田辺市以南の利用は初めて。御坊市からすさみ町までは1時間足らずで、快適なドライブにカツオへの期待も膨らむばかりだった。
 会場では全国のカツオの名産地や県内各地から特大の焼きガキや天然アユの塩焼き、マグロメンチカツ、サンマつみれ汁などのブースがずらりと並んで大盛況。それはよいが、肝心のカツオが見当たらない。ようやく見つけたのは宮崎県産のカツオの真空パックや瓶詰めの商品。「すさみケンケン鰹」の刺し身の振る舞いもあったらしいが、早々に終了したらしく、筆者が会場に到着した正午過ぎにはなかった。多彩なカツオ料理が楽しめると期待していただけに残念。もし筆者と同じような思いで京阪神方面からわざわざ来たような人がいれば、かなりショックだろう。 
 このイベントは、全国的にカツオの不漁が続いている現状を広く周知し、ブランド化を進めるのが目的。なるほど、だからカツオをあまり出さないようにして、希少価値の高さをアピールしつつ、消費者の購買意欲をあおる作戦だったのだろうか。結局、この日の帰りに御坊市内のスーパーでカツオを買った筆者。まんまと購買意欲を刺激されたわけだが、すさみ町にとってはそれでよかったのだろうか。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る