カツオはいずこに?

 「目に青葉  山ほととぎす 初鰹」。季節を感じながら季節の味を大切にする日本の食文化にあって、カツオは代表的なもの。ことしも旬に入り、食卓にはたたきや刺し身が並ぶのではないだろうか。
 先月25日、すさみ町で全国カツオまつりが初開催された。カツオ好きの筆者は「きっと全国のおいしいカツオ料理がいただけるに違いない」と思って当日会場へ。ちなみに高速道路を使ったが、田辺市以南の利用は初めて。御坊市からすさみ町までは1時間足らずで、快適なドライブにカツオへの期待も膨らむばかりだった。
 会場では全国のカツオの名産地や県内各地から特大の焼きガキや天然アユの塩焼き、マグロメンチカツ、サンマつみれ汁などのブースがずらりと並んで大盛況。それはよいが、肝心のカツオが見当たらない。ようやく見つけたのは宮崎県産のカツオの真空パックや瓶詰めの商品。「すさみケンケン鰹」の刺し身の振る舞いもあったらしいが、早々に終了したらしく、筆者が会場に到着した正午過ぎにはなかった。多彩なカツオ料理が楽しめると期待していただけに残念。もし筆者と同じような思いで京阪神方面からわざわざ来たような人がいれば、かなりショックだろう。 
 このイベントは、全国的にカツオの不漁が続いている現状を広く周知し、ブランド化を進めるのが目的。なるほど、だからカツオをあまり出さないようにして、希少価値の高さをアピールしつつ、消費者の購買意欲をあおる作戦だったのだろうか。結局、この日の帰りに御坊市内のスーパーでカツオを買った筆者。まんまと購買意欲を刺激されたわけだが、すさみ町にとってはそれでよかったのだろうか。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る