67歳の中野さん 小学校卒業証書に笑顔

 初めて手にした、念願の小学校卒業証書――。小学校2年生から18歳までブラジルで暮らし、学校で学ぶことのできなかった中野さふみさん(67)=御坊市荊木=に、湯川小学校の卒業証書が贈られた。中野さんは証書を手に「私にもやっと母校ができました」と喜んでいる。
 中野さんの一家は1959年、「南米ブラジル和歌山県人移民募集」に応募してブラジルへ渡航。幼い中野さんは、ブラジルとは日本のどこかだと思っていたという。移民船「あるぜんちな丸」で40日間かけてリオデジャネイロに入港。現地では、イタリア人の経営するコーヒー園で家族労働者として働いた。8歳の中野さんも働き、勉強する暇などなく文字はまったく覚えられなかった。
 68年、18歳の時に帰国。大阪のスピーカー工場に勤め、給料で小学校の参考書、辞書、漢和辞典などを買い、働きながら寮生活で文字を覚えた。銭湯から帰ってから、電気スタンドに風呂敷をかぶせるなどして同室の人の迷惑にならないように、風呂敷が熱くなって火事を起こさないようにと注意しながら勉強に励んだという。
 現在はシェーグレン症候群という難病や脊柱間狭窄症を患い、ヘルパーらの助けを借りながら一人暮らし。字を覚えてからすっかり書くことが好きになり、毎日パソコンを使って日々の思いなどをつづる。「有川志穂」のペンネームで日高新報にも随筆を投稿し、掲載されている。
 「小学校を卒業したかった」という思いはずっと持ち続けており、昨年10月、知人を通じて市にそれを伝えたところ、中野さんが卒業するはずだった「昭和38年3月22日」の日付、当時の玉置錬太郎校長の名で卒業証書が発行。自宅に届けられた。
 中野さんは「この年になってやっと母校ができたという喜びで胸がいっぱいです。私にも後輩がいると思うと、本当にうれしい思いがこみあげてきます」と笑顔で話している。

関連記事

フォトニュース

  1. お年寄りはどこがいい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る