専福寺の清水住職 テレホン法話1000回到達

 印南町印南原、専福寺の清水正宣住職(82)が月3回更新しているテレホン法話「こころの電話」が、3月下旬で第1000回を迎えた。心の悩みが多い時代に何か発信したいと、1990年7月にスタートさせ、これまで27年9カ月余りの間の再生回数は10万回以上。「一人でも聞いてくださる方がいる限り、これからも続けていきたい」と話している。
 苦しんでいる人の心の支えになり、悩みが解決するきっかけになればとの思いで始めた取り組み。浄土真宗本願寺派の布教使として活動するなか、第1回の「山羊の見舞い」から毎月1日、10日、20日に更新している。1回約3分で、体験や事例を交え、その背景にある仏の教え、慈悲について分かりやすく解説。毎回カセットテープに吹き込み、3月20日分で「こころの電話第1000回」が流された。
 1回約10日間の平均再生回数は100回前後。1日約10回、これまで延べ10万人以上が利用している。布教使として全国を回るなかでPR。各地で反響があり、このほど、愛知県の80代女性からは「たびたび悩みや苦しみを抱えたとき『こころの電話』を聞いて癒やされました。1000回おめでとうございます」というはがきも届いた。
 1000回でやめようとも思ったが、指導する書道クラブ「清風会」のメンバーらの励ましもあり、続行を決意。4月20日から最新となる第1003回「嬉しいこと…」に切り替えており、「こんなにも続くとは夢にも思っていませんでした。これまでは阿弥陀経でしたが、これからは歎異抄(たんにしょう)を中心に、仏様の教えを伝えていきたい」と話している。
 テレホン法話の番号は℡0738―44―0874。24時間いつでも聞くことができる。

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る