専福寺の清水住職 テレホン法話1000回到達

 印南町印南原、専福寺の清水正宣住職(82)が月3回更新しているテレホン法話「こころの電話」が、3月下旬で第1000回を迎えた。心の悩みが多い時代に何か発信したいと、1990年7月にスタートさせ、これまで27年9カ月余りの間の再生回数は10万回以上。「一人でも聞いてくださる方がいる限り、これからも続けていきたい」と話している。
 苦しんでいる人の心の支えになり、悩みが解決するきっかけになればとの思いで始めた取り組み。浄土真宗本願寺派の布教使として活動するなか、第1回の「山羊の見舞い」から毎月1日、10日、20日に更新している。1回約3分で、体験や事例を交え、その背景にある仏の教え、慈悲について分かりやすく解説。毎回カセットテープに吹き込み、3月20日分で「こころの電話第1000回」が流された。
 1回約10日間の平均再生回数は100回前後。1日約10回、これまで延べ10万人以上が利用している。布教使として全国を回るなかでPR。各地で反響があり、このほど、愛知県の80代女性からは「たびたび悩みや苦しみを抱えたとき『こころの電話』を聞いて癒やされました。1000回おめでとうございます」というはがきも届いた。
 1000回でやめようとも思ったが、指導する書道クラブ「清風会」のメンバーらの励ましもあり、続行を決意。4月20日から最新となる第1003回「嬉しいこと…」に切り替えており、「こんなにも続くとは夢にも思っていませんでした。これまでは阿弥陀経でしたが、これからは歎異抄(たんにしょう)を中心に、仏様の教えを伝えていきたい」と話している。
 テレホン法話の番号は℡0738―44―0874。24時間いつでも聞くことができる。

関連記事

フォトニュース

  1. あ、い、う、え、お

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る