明るく楽しくリハビリを

 美浜町和田、御﨑神社南約100㍍の煙樹ケ浜沿いに4月2日、通所介護日高リハビリセンター・在宅介護支援事業所日高リハビリセンターがオープンする。
 ㈱アライフ(西川典男代表)が「誠実」「安心」「自立支援」を理念に運動機能の維持、改善だけでなく地域に密着した事業所として経営。建物は木造平屋スレートぶき、延べ床面積約160平方㍍。内装にはヒノキなどの木材がふんだんに使われており、温もりのある施設となっている。定員20人。要支援1・2、要介護1~5まで対象。
 スタッフはケアマネジャー1人を含めて9人。キャリア25年のベテランの西川代表ら2人の理学療法士が勤務し、しっかりとしたリハビリを提供する。西川代表は国内でも数少ない生活環境支援系専門理学療法士資格(県内6人)を取得。福祉用具の選定や住宅改修などに際して「高齢者や障害者に合った、痛みのない生活、動作をしやすい環境設定を行える」という。
 入浴は個浴を2つ完備。プライバシーを重視し、一人ずつ安全に入浴ができる。ケアプランに基づき外出、外食を行う行事も予定しており、早朝、夜間の延長サービスも対応可能。同社では「ご家族に対する介助方法などの研修会や勉強会も随時企画していき、明るく楽しくリハビリを行うこと、笑顔と活気あふれる事業所にすることを目指していきます」と話している。
 美浜町によると、通所介護の施設は町内で3カ所目。居宅介護支援事業所は町内で5カ所目となる。
 問い合わせは日高リハビリセンター℡0738527141。

関連記事

フォトニュース

  1. コロナ終息の願いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る