由良の戸津井鍾乳洞でフルートコンサート

 由良町戸津井鍾乳洞で27日、珍しい洞窟内でのフルートコンサートが行われた。
 出演者は和歌山市在住のフルート奏者竹内愉美子さん。以前、夫と由良町の国道42号をドライブしていた際、同鍾乳洞の看板を見つけて立ち寄ったところ、神秘的な洞窟に一目ぼれ。「音の響きがいいのでフルートの練習の場にしたい」と、2年ほど前に洞窟を管理する戸津井地区の受付人に申し出たところ快諾。以来、何度か洞窟内で練習してきた。
 今回、地元区のサロンつるしま(松山幸二代表)が洞窟前の桜の下でお花見会をする機会に、「日頃、お世話になっているお礼に」と、初めて洞窟内でのコンサートを開催。季節にぴったりの「さくらさくら」や「春の日の花と輝く」「朧月夜」などの曲を披露。2億5000万年前の神秘的な鍾乳石の洞窟内には美しい澄んだ音色が響き渡り、来場した子どもからお年寄りまでがうっとり聴き入っていた。「みかんの花咲く丘」や「故郷」では、来場者も一緒にうたい、アンコールは「鉄腕アトム」で盛り上がった。
 演奏会終了後に地元の楠本健登君(2)と松本花穂ちゃん(3)から花束を受け取った竹内さんは「私自身、洞窟の中での公演は初めて。皆さんに聞いてもらえてよかったです」とにっこり。来場者の西本喜美代さん(78)は、「音が独特の響き方をしてとてもよかっと思います。また来てほしいですね」と話していた。
 竹内さんは寺や福祉施設、老人会などでも年間通じてコンサートを行っており、希望者は℡090―1157―5087。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る