いつか友人と再会を

 3月は日高地方の各小中学校、高校、幼稚園、保育園などで卒業式や卒園式が行われた。いくつか取材に行ったが、印象的だったのは本年度で閉園となる日高川町の寒川保育園。卒園児2人のうち、1人が体調不良で欠席し、出席は1人のみ。別れの歌では途中から涙を流し、別れの言葉では声を詰まらせながらも最後までやり遂げた。子どもながら園との別れを悲しむ心と、泣きながらもみんなで練習してきた歌や言葉をやり遂げようと一生懸命な姿に、会場の保護者や保育士らも何度も涙を拭っていた。
 このほかことしは切目中と御坊小などを取材。別れの歌はGReeeeNの「遥か」で、このほかいくつかの学校でもうたわれた。父や母の思いを胸に旅立つことをうたった曲。卒業生の思いと重なる部分もあるようで、うたいながら涙を流す生徒の姿も見られた。
 卒業式の最後にうたう定番はやはり「蛍の光」。「蛍の光 窓の雪」と、中国の故事を基にした歌詞で始まり、別れをうたった曲。日本人になじみの曲だが、原曲はスコットランド民謡「オールド・ラング・サイン」。イギリスなどでは新年を祝うときにうたうという。
 「オールド・ラング・サイン」は「久しき昔」と訳され、歌詞は日本の「蛍の光」と異なる。冒頭「旧友は忘れていくものなのだろうか、古き昔も心から消え果てるものなのだろうか」から始まり、離れ離れになった友人と再会し、酒をくみ交わすという内容。ことしそれぞれの学び舎を巣立っていった卒業生たちも、進路の違いから友人と別れることもあるだろう。ただ「蛍の光」をともにうたったことを忘れず、いずれ原曲のように再会を喜び合える日が来ることを願いたい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 密漁も不法投棄もせんといてな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  2. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  3. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  4. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  5. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る