太陽福祉会 40周年に感謝と決意

 社会福祉法人太陽福祉会の創立40周年記念式典が24日、美浜町体育センターで行われ、利用者と家族、職員、来賓合わせて約300人が出席。皆川敏治理事長は地域に支えられての40年に喜びと感謝の意を示し、だれもが安心して暮らせる社会づくりへ一層の努力を誓った。
 太陽福祉会は、国立療養所和歌山病院(現独立行政法人国立病院機構和歌山病院)の旧看護師宿舎の一室を借りて開設した「太陽共同作業所」から活動がスタート。1985年には社会福祉法人となり、翌86年4月には待望の法人施設「太陽作業所」を開設した。現在、職員は総勢約160人、一日の利用者は約300人以上になるという。
 皆川理事長はこれまでの歴史を振り返り、法人を支える地域の住民、事業所、ボランティアらに感謝のうえ、「これからも、障害があってもこのまちに生まれてよかったなと思ってもらえるよう、利用者に喜ばれ、信頼されるよう全力で取り組んでいくことをお誓いします」と決意を表明した。
 来賓の笠野和男美浜町副町長、田中愼太郎美浜町社協会長、坂本務保護者会長が祝辞。続いてボランティア団体のちちろこ会(小西道子会長)、作業提供の株式会社ハヤシ(林浩三代表)、株式会社オーシャンライフ(田ノ本章平)、資源回収事業者の株式会社太陽産商(金田実代表)の1団体、3社に感謝状を贈呈、45人の永年勤続職員表彰、21人の利用者表彰を行い、40年のあゆみをまとめた記念DVDの上映、利用者3人の夢の発表もあり、最後は全員で「手のひらを太陽に」を合唱した。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで火の用心頑張ろうな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  2. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  3. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  4. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  5. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る