新しいことに挑戦しよう

 卒業式や離任、転勤と別れの季節である。友達や同僚と離れ離れになる寂しさに涙を流した人も多かろう。筆者自身は別れはなかったが、卒業式に出席して美しい涙に触れ、思わずもらい泣きしそうになった。卒業は終わりではなく、新しい一歩を踏み出すときでもある。校長先生や来賓らのはなむけの言葉にも心がこもっていて、これからの活躍にエールが送られていた。筆者も小学校の卒業式であいさつする機会があり、卒業生には自信をもって何事にも挑戦してほしいと激励させてもらった。ついつい今の自分や環境に満足し、新しいことにチャレンジすることを怠ってしまう自分への戒めの言葉でもある。目標を立て今の自分を超えようと頑張る人はやはり輝いている。
 転落事故に遭って頚椎を損傷して首から下の部分を思うように動かせないが、全介助の支援を受けながら生き生きと生活している御坊市の西川孝さんを何度か取材させていただいて、輝く姿を見せてもらった。2年4カ月の闘病生活を支えてくれた日高病院に恩返しの気持ちを込めて車いすを寄贈しただけでなく、新しくホームページを立ち上げた。自身のリハビリや福祉、教育の分野の向上へ向けた取り組みを情報発信していくという。障害があってもなくても、住みやすい地域を作りたいという熱い思いにあふれている。
 どんなハンディを背負っても、いつも感謝の気持ちを忘れず、常に前向きに今を生きる、西川さんの生き方はまさに手本。元気をもらい、励まされた人も多いのではないだろうか。新しい一歩を踏み出そうとしている卒業生の皆さん、西川さんの生き方を手本にしてほしい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナ終息の願いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る