森友問題の本質は…

 森友学園への国有地売却に関する決裁文書書き換え問題で、書き換え当時の財務省理財局長だった佐川氏の証人喚問が決まった。誰が何のために、誰の指示で書き換え、政治家がどこまで関与していたのか。野党が攻勢を強めている。
 文書の書き換え前後が明らかになり、財務省は書き換えの理由について、政治家の口利き、事前の価格交渉はいっさいなかったという佐川氏の国会答弁とつじつまを合わせるために書き換えられたと説明。その最終責任者は当時理財局長だった佐川だという。
 佐川氏はなぜ、国会で虚偽の答弁をしたのか。野党は「もし自分と妻が(国有地売却問題に)関与していたなら、総理大臣も国会議員も辞める」と言い切った安倍首相への忖度があったとにらむ。27日の予算委員会で、どこまで思惑通りの証言を得られるかが注目される。
 野党側は予算審議を人質に、首相夫人、夫人付職員らの喚問も含め、できるだけこの問題を引っ張り、政権にダメージを与え、内閣支持率を落とし、首相の党総裁再選を阻止したい。しかし、大阪地検の捜査が進み、佐川氏が刑事訴追の可能性を理由に証言を拒むかもしれないい。真相究明の先行きは明るくない。
 そもそも国有地の激安売却は全国各地に例があり、森友が初めてのケースではない。大手新聞社も同じ穴の狢だという声も少なくない。土地を安く手に入れ、補助金と寄付金をもらいたい理事長が政治家や著名人に近づき、その名前を利用しようとし、そこに首相夫人の名前があったことが政局に利用されているというのが騒ぎの本質ではないか。
 大手メディアは伝えるべき事実を伝えているのか。森友・加計の裏には「改憲阻止」のイデオロギーが強力に作用している。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る