頚椎損傷の西川さんがHP開設

 頚椎を損傷して全介助の支援を受けながら生き生きと生活している御坊市薗の西川孝さん(55)が代表を務める福祉支援グループ「R.ロードG」が、ホームページを開設した。今後は福祉や教育の向上に取り組むグループの活動、西川さんがリハビリに励んでいる様子などを情報発信して障害への理解を広めていく計画で、「障害者も健常者もみんなが住みやすいまちになるよう活動していきたい」との思いを込めている。
 西川さんは2009年12月に転落事故に遭い、12年3月まで2年4カ月にわたって日高病院で闘病生活を送った。頚椎を損傷して首から下の部分を思うように動かせないが、全介助の支援を受けながら前向きで活動的な生活を送っている。さまざまな人からサポートを受けるうちに「福祉の分野で地域に貢献したい」と介護分野等の事業所の協力を得て福祉支援の有志グループ「R.ロードG」を昨年5月に結成。7月には手厚い看護の提供を受け、いまでもリハビリに通っている日高病院に車いす2台を寄贈した。
 「同じ障害を持つ人の励みになりたい」との思いを人一倍強く持っている西川さんは、さまざまな形で情報発信することで地域への理解を深めようと、以前からホームページの開設を計画。パソコン操作が得意な友人に相談したところ、快諾を受け、西川さんのイメージを形にしてことし2月に完成。日高病院に車いすを寄贈したことなどを掲載している。今後は西川さん自身が電動車いすを操作して走行している様子や日高病院でリハビリに励む姿をアップしていくことにしている。「全介助の支援を受けながらいろんなことに挑戦できることを、少しでも多くの人に知ってもらいたい。障害の種類や世代もさまざまあり、どのような支援の仕方があるのか地域住民にも理解が深まれば、障害があってもなくても、すべての人が住みやすい地域になると思います。私たちの活動がそんな一助になればと願い、積極的に活動していきたい」と目を輝かせて話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る