頚椎損傷の西川さんがHP開設

 頚椎を損傷して全介助の支援を受けながら生き生きと生活している御坊市薗の西川孝さん(55)が代表を務める福祉支援グループ「R.ロードG」が、ホームページを開設した。今後は福祉や教育の向上に取り組むグループの活動、西川さんがリハビリに励んでいる様子などを情報発信して障害への理解を広めていく計画で、「障害者も健常者もみんなが住みやすいまちになるよう活動していきたい」との思いを込めている。
 西川さんは2009年12月に転落事故に遭い、12年3月まで2年4カ月にわたって日高病院で闘病生活を送った。頚椎を損傷して首から下の部分を思うように動かせないが、全介助の支援を受けながら前向きで活動的な生活を送っている。さまざまな人からサポートを受けるうちに「福祉の分野で地域に貢献したい」と介護分野等の事業所の協力を得て福祉支援の有志グループ「R.ロードG」を昨年5月に結成。7月には手厚い看護の提供を受け、いまでもリハビリに通っている日高病院に車いす2台を寄贈した。
 「同じ障害を持つ人の励みになりたい」との思いを人一倍強く持っている西川さんは、さまざまな形で情報発信することで地域への理解を深めようと、以前からホームページの開設を計画。パソコン操作が得意な友人に相談したところ、快諾を受け、西川さんのイメージを形にしてことし2月に完成。日高病院に車いすを寄贈したことなどを掲載している。今後は西川さん自身が電動車いすを操作して走行している様子や日高病院でリハビリに励む姿をアップしていくことにしている。「全介助の支援を受けながらいろんなことに挑戦できることを、少しでも多くの人に知ってもらいたい。障害の種類や世代もさまざまあり、どのような支援の仕方があるのか地域住民にも理解が深まれば、障害があってもなくても、すべての人が住みやすい地域になると思います。私たちの活動がそんな一助になればと願い、積極的に活動していきたい」と目を輝かせて話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る