ほら、めっちゃ簡単でしょ?

 由良町特産の木成りはっさくなどの販売促進につなげようと、JA紀州ゆら柑橘撰果場では、ナイフを使ったオリジナルの皮むき方法の普及を目指している。フルーツカッティングの講師などで活動する新谷睦子さん(田辺市)から「〝ゆらむき〟と称して宣伝してもいいですよ」と、特別に伝授を受けたカッティング技術。簡単、おしゃれでおいしく、若者世代にもはっさくを売り込んでいく。
 由良町の木成りはっさくは高品質で日本一の単価を誇り、毎年3月が出荷シーズン。4月からは同じく特産のさつきはっさくの出荷も始まる。これらのかんきつ類は、味がよくても皮が硬くむくのが面倒などで敬遠されることもある。簡単なむき方の普及で、より一層はっさくの販売促進を狙う。
 「くだもの倶楽部」の代表を務める新谷さんはフルーツカッティングや食育の活動を通じてフルーツ王国和歌山をPRし始めて6年目。はっさくのむき方もその一環で開発した。ナイフではっさくを四等分にして、ナイフを回しながら果実をくり抜き、あとは指で白い薄皮を外す。それを大阪のイベントで見たゆら柑橘撰果場の山本俊希委員長が「おもしろいむき方があるものだ」と一目ぼれ。新谷さんに依頼し、去る15日には職員向けに初のむき方講習会も開いた。その職員らが17、18日に大阪で木成りはっさくの試食、PR活動を展開。24、25、26日に福島県、4月7、8日に再び大阪などでも予定している。
 はっさくのPR活動にも参加し、「由良町の住人のつもりで頑張っています」と協力的な新谷さんは、「本当に簡単なむき方です。果実がきれいにぷりっとむけるので、ケーキやサラダの上にのせてもおしゃれ。むいたあとの皮は器にもできます」と話している。
 撰果場の関係者は「このむき方だと、楽しく、おいしく食べてもらえる。お母さんがむきやすく、子どもにもはっさくを食べてもらえる」と期待している。

関連記事

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る