ほら、めっちゃ簡単でしょ?

 由良町特産の木成りはっさくなどの販売促進につなげようと、JA紀州ゆら柑橘撰果場では、ナイフを使ったオリジナルの皮むき方法の普及を目指している。フルーツカッティングの講師などで活動する新谷睦子さん(田辺市)から「〝ゆらむき〟と称して宣伝してもいいですよ」と、特別に伝授を受けたカッティング技術。簡単、おしゃれでおいしく、若者世代にもはっさくを売り込んでいく。
 由良町の木成りはっさくは高品質で日本一の単価を誇り、毎年3月が出荷シーズン。4月からは同じく特産のさつきはっさくの出荷も始まる。これらのかんきつ類は、味がよくても皮が硬くむくのが面倒などで敬遠されることもある。簡単なむき方の普及で、より一層はっさくの販売促進を狙う。
 「くだもの倶楽部」の代表を務める新谷さんはフルーツカッティングや食育の活動を通じてフルーツ王国和歌山をPRし始めて6年目。はっさくのむき方もその一環で開発した。ナイフではっさくを四等分にして、ナイフを回しながら果実をくり抜き、あとは指で白い薄皮を外す。それを大阪のイベントで見たゆら柑橘撰果場の山本俊希委員長が「おもしろいむき方があるものだ」と一目ぼれ。新谷さんに依頼し、去る15日には職員向けに初のむき方講習会も開いた。その職員らが17、18日に大阪で木成りはっさくの試食、PR活動を展開。24、25、26日に福島県、4月7、8日に再び大阪などでも予定している。
 はっさくのPR活動にも参加し、「由良町の住人のつもりで頑張っています」と協力的な新谷さんは、「本当に簡単なむき方です。果実がきれいにぷりっとむけるので、ケーキやサラダの上にのせてもおしゃれ。むいたあとの皮は器にもできます」と話している。
 撰果場の関係者は「このむき方だと、楽しく、おいしく食べてもらえる。お母さんがむきやすく、子どもにもはっさくを食べてもらえる」と期待している。

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る