春はチャレンジの季節

 先日、日高川支流の初湯川(日高川町)にアマゴ釣りに出かけた。渓流の女王と呼ばれ、小判型のパーマークと赤い斑点の入ったきれいな魚だ。この釣りの醍醐味は魚を釣るだけでなく、自然豊かな渓流の中で過ごすということにもある。この日の釣果はあまり冴えなかったが、それでもきれいな魚体を見ることができて満足だった▼釣りは好きで、小さい頃から楽しんでいる。近年は海釣りに行くことが多く、渓流釣りは二十数年ぶり。これまでも行く機会がなかった訳でもないが、「鑑札(年券5400円)を買ってもあまり行くことがないのではないか」などと躊躇(ちゅうちょ)し、行かず仕舞いを繰り返していた。しかし、実際に行ってみると、とても楽しい。「もっと前から渓流釣りを楽しんでおけばよかった」とちょっと後悔してしまうほどだった▼日常的に継続していることは比較的行動に移しやすい。しかし、新しいことに挑戦したり長年やっていなかったことをまた始めたりするのはちょっと勇気がいる場合もある。例えば、習い事の教室に入ろうと思うことがあっても、「続けていくことができるのだろうか」「他の教室生とうまくやれるのか」などと心配ごとが脳裏を横切ってしまう人もいるだろう。筆者が渓流釣りから遠のいていたのも、そういうことに似た感覚だったのかもしれない▼3月の卒業シーズンだが、4月からは新しい年度を迎える。進学や就職などで生活環境が変わり、いろんなことにチャレンジする機会も増えてくるだろう。何かを始めやすい時期でもある。尻込みせずにまずは第一歩を踏み出してみてはいかがだろう。「あの時にやっておけばよかった」と後になって後悔しても遅すぎることがある。      (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る