時代を超えて訴えかける良書

 80年以上前に書かれた吉野源三郎著「君たちはどう生きるか」の漫画版がすごい勢いで売れている。発行部数200万部を突破したとニュースで紹介されていた◆中学生時代に図書室で出会っていた筆者は、昨年11月に池上彰氏の番組で見て懐かしさのあまり購入したが、その時は帯に「53万部突破」とあった。80年前の児童書の何が一体、現代に生きる人々の心をこんなにも強く捉えるのか◆父を亡くした中学生のコペル君こと本田潤一少年に、母の弟で編集者をしていた「おじさん」は手紙を書き、語る。「『あたりまえのこと』っていうのが曲者で、ひとつのわかりきったことをどこまでもどこまでも追いかけて考えてゆくと、ものごとの大事な『根っこ』の部分にぶつかることがあるんだ」「君は水が酸素と水素からできていることは知っているね。ところが、冷たい水の味がどんなものかということになると、もう、君自身が水を飲んでみないかぎり、どうしたって君にわからせることができない」「君が何かしみじみと感じたり、心の底から思ったりしたことを、少しもゴマ化してはいけない」…執筆当時の1937年は盧溝橋事件等のあった年で、日本は第二次世界大戦への道を進んでいた。失われつつあった自由な思考の大切さを、児童文学という形に託して少年への真摯な言葉で訴えた著者の熱い思いは、大人になって読んだ今の方が中学生当時より強く伝わってきた◆著者は最後に、読者一人一人に「君たちは、どう生きるか。」と問いかける。本から学んだことを何も生かせず何十年も生きてきた身には、恥ずかしくてこの問いに顔向けできないような気がするが、学ぶのに遅すぎることはない、と自分に言い聞かせながらまた読み直している。    (里)

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る