建設業にもドローン

 すっかりおなじみになったドローン(無人航空機)。墜落事故や航空法違反などの問題はあるものの、医療、災害、物品運搬、警備、メディアなど、活用の幅が広がっている。
 例えば広大な田んぼや畑の安全確認。歩いて調査するのは大変だが、ドローンなら簡単。しかも赤外線技術を使って病気にかかっていないかもチェックできるという。また、人が立ち入れない場所、原発の事故現場や災害現場にも有効だ。アメリカでは不動産の売買の際にも活用。現場まで行かなくても、さまざまな角度から全体図や細部までの映像で物件選びができる。レストランではドローンが食事を運ぶ店も出てきている。日高新報でも導入すれば、例えば観光地や火災現場、スポーツの記事などでより一層臨場感あふれる写真やAR(動画)を読者に提供できるのではないかと思う、きょうこのごろである。
 多彩な活用法の中でも自然災害の現場での使用には、大きな期待。巨大地震や津波、河川氾濫、火山の噴火、豪雪などが発生した直後は、当然現場に立ち入ることができず、被災状況や住民の安否確認にドローンはもってこいと言える。
 先日、日高町建設業組合がドローン講習会を開いた。国が建設現場への導入を推進しており、いち早く対応するのが狙いだが、もしもの災害時の被災状況確認にも活用。当然、復旧作業には建設業界の力を借りなければならない。建設業者自らがドローンを所有し、扱うことができれば、より一層スムーズな復旧作業につなげられる。行政機関がドローンを導入することも必要だが、災害復旧といった意味で、建設業者がドローンを使う意義は大きく、心強い。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る