オンラインで禁煙

 携帯電話やパソコンのインターネットを使ったオンライン診療をご存知だろうか。自宅や外出先からでも気軽に専門医の診療が受けられるのが特徴。予約して診察を受けるので、病院の外来のような待ち時間はなし。もちろん病院まで通院する時間もゼロ。薬や処方箋は自宅に送られてくる。触診や手術が必要な病気には向いていないだろうが、問診で適切な処置ができる病気やカウンセリング的な診療には適しており、忙しい現代人にはもってこいのサービスだと言える。
 政府も2018年度診療報酬改定で「オンライン診療料」「オンライン医学管理料」などの診療報酬を新設するなど、オンライン診療を促進しており、今後、参画する企業や専門医が増えてくると予想される。
 そんな中、オンライン診療に禁煙外来を導入するベンチャー企業が現れ注目されている。それによると、初診のみ対面だが、2回目以降は予約から診察まで全てスマートフォンで行い、診察後は処方箋と一緒に薬が自宅に配送されてくる。禁煙外来と言えば、パッチやガムなどの禁煙補助薬でたばこを吸いたい気持ちを抑え、禁煙につなげる治療法。効果は一定認められているが、実際、忙しくて何度も通院するのが難しく、禁煙から脱落していくケースもあるという。その点、余計な時間が取られないオンライン診療はもってこい。触診や手術が必要でない治療であることも、オンライン診療に適していると言えるだろう。
 2020年のオリンピックを前にますます肩身の狭い愛煙家。この時代、手軽に禁煙できるチャンスが転がっているので、ぜひチャレンジしてみてはいかがだろうか。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る