子どもはスマホで何してる?

 携帯電話(ケータイ)を従来型からスマートフォン(スマホ)に変えてちょうど2年になる。来月から「端末等代金分割支払金」が0円になる――なんて思う一方、最近バッテリーの減りが早いように感じる。買い替え時期なのだろうか。
 さて、新聞でスマホの意味として「高機能携帯電話」と補足、説明しなくなり、逆に従来型は一般に「ガラケー(ガラパゴスケータイ)」「フィーチャーフォン」と呼ばれるようになってきた。このように新しいモノの登場によって、これまでの呼び方が変わることがある。身近なところで言えば家の電話。ケータイの登場で「固定電話」という呼び名になったほか、確か「パンダ」も「ジャイアントパンダ」が発見される以前は「レッサーパンダ」のことだったと聞いたことがある。
 先日、美浜町の補導委員連絡協議会、青少年育成町民会議、母親子どもクラブの合同研修会を取材した際、講師で兵庫県立大学環境人間学部准教授(教職担当)の竹内和雄さんが冒頭「以前ガラケーという言葉の説明をしなかったところ、終わったあと参加者に怒られまして」と話していた。研修のなかでも子どもたちのスマホやネットの使い方について説明し、動画共有コミュニティサイト「ミックスチャンネル」やライブ配信サービス「ツイキャス」を紹介。参加していたほとんどの大人が知らなかった。
 竹内さんによると子どもたちにとってのコミュニケーションアプリ「ライン」はメールじゃなく会話感覚。ネットいじめやコミュニティサイトによる児童被害防止、リアル(現実)からネットに逃げる子の対策は、まず子どもたちがスマホで何をしているか、大人が使い方を知るのが第一歩だ。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る