プレミア和歌山 日高地方の18商品認定

 県が優れた県産品を認定しPRする「プレミア和歌山」の2017年度推奨品が28日に発表され、加工食品や農産物など新たに56事業者の67品目、計105商品が認定された。27日には新規認定品の内覧と表彰式が行われ、日高地方からは特別賞や奨励賞はなかったが、御坊市の郷土銘菓処ふく田の「紀州まりひめミルクぷりん」など8事業者の18商品が選ばれた。
 プレミア和歌山推奨品は、県内で製造・生産され、安心・安全を重視し、和歌山らしさやならでは――などの観点から優良な県産品を選定・推奨する制度。プロデューサーの残間里江子さんら6人の委員が審査した。今回は新たに製造物分野で加工食品50品目、伝統的工芸品1品目、その他産業製品4品目。生鮮物分野で農産物6品目、畜産物・ジビエ2品目。観光資産分野の祭り3品目、料理1品目が選ばれ、今回の認定で推奨品の累計は535品目となった。
 内覧会と表彰式では、審査委員特別賞の「やさしい牛乳」(農事組合法人黒沢牧場)と、奨励賞4商品が表彰を受けた。
 日高地方からは、加工食品を中心に18商品が認定。紀州まりひめミルクぷりんは美浜町特産「松いちご」を使っており、すでにプレミア和歌山の認定を受けているイチゴを扱っている「はないちご農園」から仕入れている。今回は県内で1品目だけ選ばれた観光資産分野の料理は、日高町の「天然クエ料理」。クエ料理発祥の地として「日高町といえばクエ」という認識が広まっており、ことし1月に埼玉県で開かれたニッポン全国鍋グランプリ2018では、クエ鍋が見事グランプリに輝くなど知名度がますます高まっている。ほかの日高地方から仲間入りしたプレミア和歌山推奨品は次の通り。
 【梅干し及び調味梅干し】印南町・オカファーム=「夏見さんちの完熟梅(うす塩味)」「夏見さんちの完熟梅(しそ漬)」▽みなべ町・マルヤマ食品㈱=「技」「よろこび」「匠」「こんぶ梅」▽みなべ町・紀州薬師梅㈱=「賀茂乃御福」
 【寿司・米飯等】美浜町・まるあい寿司=「煙樹ヶ浜巻き」
 【漬物(ダイコン以外)】みなべ町・㈱紀州本庄うめよし=「紀州カリカリ梅」
 【梅酒等のリキュール】みなべ町・㈱紀州本庄うめよし=「壱―ICHI―」「縁―ENISHI―」「善―ZEN―」「操―MISAO―」
 【他に属さない加工食品】みなべ町・マルヤマ食品㈱=「ぺたんこちょび梅」
 【果実】美浜町・煙樹ヶ浜松葉堆肥ブランド研究会=「松いちご」
 【野菜】美浜町・煙樹ヶ浜松葉堆肥ブランド研究会=「松きゅうり」

関連記事

フォトニュース

  1. 手作りもいいですね

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る