あの日から6万1320時間

 震度7の凄まじい揺れ、想像を絶する巨大な津波に襲われ、2万2000人を超える死者・行方不明者が出た東日本大震災から7年が経過した。関西の大阪市内で震度3、和歌山県は和歌山市や美浜町で震度2を観測した。
 その日は日赤和歌山医療センター本館の竣工式が行われ、式典と記者向け内覧会があった。西日本最大規模の22の手術室、13階建ての屋上ヘリポートなどを取材したが、直後に地震が発生。一緒に回ったメディアのほとんどは東北の惨状に紙面・時間を奪われた。
 震災後、全国からボランティアが被災地支援に駆けつけた。記者として、日本人として絶対に行かなければと思っていたところ、運よく地元の有志から声がかかり、トラックの運転を交代しながら岩手、宮城、福島の避難所に物資を届けた。
 津波に洗われた海辺のまちは何もなく、目の前に広がる「ありえない」光景に言葉を失った。家を流され、家族が犠牲になったかもしれない避難所の方に、記者として何をどんなふうに聞けばいいのか。身につまされる相手の境遇を「不幸」ととらえ、一方的に緊張していた気がする。
 先日、NHKのドキュメントで、被災地で震災にまつわる笑い話を聞いて回る企画があった。避難所から仮設に移った夜、薄い壁の隣から聞こえた男女の声、食料満載の巨大冷凍庫が停電し、しばらくはみんなでぜいたくな料理ばかり食べていたことなど、おっちゃん、おばちゃんがケラケラ笑って話していた。
 あの日から6万1320時間が流れ、東北で見た光景、聞いた話の記憶はどんどん薄れている。NHKもこんな番組を企画、被災者はその取材を受ける余裕ができた。人間の脳は自然と前を向くよう機能するようだ。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る