アンサンブル「tweet」が全国大会へ

 第4回県ヴォーカルアンサンブルコンテスト(県合唱連盟主催)が4日、和歌山市の県立図書館内のメディア・アート・ホールで開かれ、一般の部で日高地方の女性でつくる「tweet」が3位入賞。全国出場希望団体の中では最上位に入り、3月24日に福島市で開かれる「声楽アンサンブルコンテスト全国大会」の出場を決めた。
 一般の部には13団体が出場。tweetは印南町のママさんコーラスグループ「コア・ブレーメン」を指導する早田和さん(59)=印南町=がアンサンブルコンテストのために御坊市、由良町、美浜町、印南町、みなべ町の20~70代のコーラス経験者に声をかけて、昨年8月に結成した9人のグループ。小鳥のさえずり(tweet)のように心地良いアンサンブルを目指して、毎週練習に励んできた。
 当日は唯一のレパートリーである「あなたに」(みなづきみのり作詞、高嶋みどり作曲)で挑み、メンバーたちののびのびとした歌声を会場いっぱいに響かせ、見事3位に入った。早田さんは「皆さん気持ちよくうたえていましたが、全国出場を決めることができて驚いています。全国に向けては練習量を増やし、いまよりパートのバランスや流れを安定させてうたえるようにしたいです」と話している。
 日高地方からは混声合唱団アンサンブル響香(宮本太源代表)も4位と健闘した。両グループのメンバーは次の皆さん。
 tweet=早田和(指揮)、早田咲(ピアノ)、原千恵、久保井千代、橋本明音、坂口明子、爰川依子、古田朗子、碇英子
 アンサンブル響香=宮本太源(指揮)、尾上三枝、小畑浩子、坂口知美、武内千里、後藤朋子、寺井ゆかり、野村恭子、原里枝、瀧脇美和、中田昌子、三池佳代子、西井順子、青木覚史、瀬口一真、宮本久生、三浦嘉夫、寒川優作、三池勝一

関連記事

フォトニュース

  1. 白崎の海って気持ちいいミャー

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る