5GでSFの世界に

 NTTドコモは、日高川町川原河の川上診療所と和歌山市の県立医科大学との間で構築されている遠隔医療システムを使って次世代移動通信システム「5G」の試験をスタートさせた。20日には報道向けにデモンストレーションが行われ、4K画質のモニターを使ったテレビ電話で模擬患者を診察。医師を映すモニターに加え、エコーと小型カメラの映像を映す3つのモニターを用意。画質はかなり鮮明で、皮膚疾患などの診察にはかなり役に立ちそう。タイムラグはゼロではなさそうだが、ほとんど自然に会話できるくらいになっていた。
 5Gは通信速度最大10Gbpsで現行の4G(2010年当時)に比べて100倍以上に高速化。無線でありながら有線の光ファイバー並みの高速インターネットが可能になるとして期待されており、2020年の実用化を目指し、総務省の主導の下、研究開発が進められている。
 通信速度はあくまで最大値なので、実際にその速度で通信できるというわけではない。ただドコモの担当者によるとそれでも体感でいまの10倍くらいにはなるとのことなので、十分に期待してもよさそうだ。5Gになればただスマホなどの通信速度が早くなるというだけではない。超高速通信に加え、「低遅延」「多接続」の特徴もある。これらを活用すれば自動車の自動運転、今回の試験のような遠隔医療、遅延の少ない映像を生かして上空からドローンで監視し重機を遠隔操作、人型ロボットの遠隔操作を生かして災害時への対応など、さまざまなことが可能になる。いずれも5Gが実用化されてすぐにというわけにはいかないだろうが、近い将来SF映画に出てくるような近未来の世界が実現できるのかもしれない。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 海の環境を守ろう!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る