一流が持っているものとは

 平昌オリンピックが25日に閉幕した。開幕前には選手そっちのけで政治的な要素が大きく取り上げられていたが、大会が始まってしまえば各競技とも熱い戦いが展開された。日本人選手も金4個、銀5個、銅4個の計13個を獲得し、過去最高のメダル数となった。アスリートたちの活躍はテレビや新聞などで連日報道され、国民に大きな勇気を与えた▼感動的なシーンもたくさんあった。例を挙げると、女子スピードスケートの500㍍で金メダルに輝いた小平奈緒選手も印象に残った1人。五輪3連覇の夢が破れた韓国の李相花(イー・サンファ)に自ら歩み寄って抱擁したシーンは大勢の観衆の心を打った。日韓では慰安婦問題や竹島問題などで政治的ないがみ合いが続いているが、韓国からも「人間的にも素晴らしい」と称賛の声が上がっているという。姉妹そろって出場した高木菜那・美帆選手は、姉の菜那選手は小さい頃から妹の美帆選手と比較され続けた葛藤を乗り越え、パシュートとマススタートの2種目で金メダルに輝いたことも感動的だった▼五輪は華やかな舞台だが、どの選手にも過去には大きなけががあったり、成績が振るわなかった時期などさまざまな困難があったに違いない。順風満帆だった選手はいないのではないか。それを乗り越えられたのは家族、指導者、同僚、ファンらの支えだろう。メダリストたちがインタビューで「大勢の応援のおかげ」と口をそろえて話すことがそれを証明している▼トップアスリートには人並み外れた運動能力はもちろん必要。しかし、優れた人間性がなければ周囲の支えは得られない。スポーツだけでなく、政治や経済などあらゆる世界の超一流には人を引きつける人間的な魅力を持ち合わせているのだろう。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る