梅の里小学生バレー 南部男子が準優勝

 第20回記念梅の里小学生バレーボール新人大会(同実行委員会主催、本紙など後援)が24・25日にみなべ町の上南部小学校などで開かれ、南部バレーボールスポーツ少年団男子が準優勝と大健闘した。決勝では長身スパイカーを擁する片桐男子(奈良)に0―2で敗れたものの、拾ってつなぐ南部らしいバレーが随所で光った。
 県内外から女子、男子、混成の強豪50チームが出場。初日は1次グループ予選、2日目には2次グループ戦と決勝トーナメントが行われた。南部は1次グループ戦は3戦全勝、2次グループ戦では1勝1分けのグループ2位で通過し、上位16チームで争う決勝トーナメントに進出。初戦は昭和ブライターズ(徳島)に2―1で競り勝ち、2回戦は川北マルコス(大阪)に2―0のストレートで快勝、準決勝の豊中千成(大阪)もストレートで下した。
 決勝の片桐男子との戦いでは、1セット目は序盤からリードを許す苦しい展開。エース堺目らのスパイクで反撃したが、14―21で先取された。2セット目も相手の高さのあるスパイクを止められず、8―21で敗れた。堺目主将は「準優勝だったのは悔しい。サーブはよかった面もあるが、精度をもっと上げていきたい」と振り返り、生駒明広監督は「大事な場面でエースが決めてくれたし、山根のドライブサーブもよかった。今後はレシーブをもっと練習し、サーブミスも少なくしていきたい」と話した。日高地方からは南部の女子も上位決勝トーナメントに進み、1回戦で白橿南男子(奈良)を2―1で下したが、2回戦で豊中千成に0―2で敗退。ベスト8入りを果たした。下位決勝トーナメントでは名田ソレイユと印南はまゆうが3位に入った。南部男子のメンバーは次の皆さん。
 堺目啓治、山本祐希、政井一槻、山根史也、中本亮太朗、久保恭平、武田翔太

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る