スポーツクラブの新しい形

 日高地方に新しい小学生サッカーチームが誕生した。美浜少年とエストラッサ湯川、ともに長年活動してきたクラブ同士が合併して新チーム「FCダンシーマ」を結成した。日高地方としては1チーム減ってしまうことになるが、より魅力的なサッカーをしたい、子どもたちの健全育成につなげたい、サッカーしやすい環境をつくりたいという熱い思いから発足したチームであり、地域のサッカー熱やほかのチームにいい影響を与える活動になると期待している。運営にあたってNPO法人を取得しており、行政とのタイアップ、グラウンドの芝生化などにも取り組んでいくとなれば、大いに応援していきたい。
 NPO法人を取得した理由の一つに、チームとしての責任の所在をはっきりさせる狙いがあると聞いた。普段、クラブで練習試合や遠征等に行く場合、監督らスタッフや保護者が車を出し合って送迎するのがどのスポーツにも当てはまるだろう。もしも事故を起こしてしまったら、個人に責任がかかってしまう。チームで送迎バスを確保できれば保護者らに余計な心配や負担を強いる必要もなくなる。普段の練習でも送迎バスを巡回させれば、子どもたちがスポーツに親しめる機会は大いに増えるだろう。
 不況の世の中、夫婦共働きは当たり前といっていい時代。子どもにスポーツをやらせたいが、送迎なんてとても無理という保護者がたくさんいるのが現実である。親が仕事をしている間、子どもたちはスポーツクラブで思い切り楽しめる、そんな環境が整えば地域のスポーツ振興だけでなく、健全育成につながる。FCダンシーマの活動がスポーツクラブのモデルになればと願っている。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る