みんなよう頑張った!

 21日夜、ライバルオランダとの決戦で期待通りの力を見せつけ、金メダルを獲得した女子チームパシュートの選手たちをはじめ、少し早いが、今回のオリンピックに出場した全選手に心から拍手を送りたい。
 スポーツは見るばかり、とくに冬の競技はほとんど知らないが、過去、これほど国民が盛り上がり、多くの競技に熱狂した五輪は本当に久しぶり。もう20年前になるが、男子スキージャンプ団体で船木和喜選手が見せた逆転金メダルの大ジャンプを思い出す。
 W敗で圧倒的な強さを誇る女子スピードスケートのエース小平奈緒選手も、1000㍍で銀、最も得意とする500㍍は圧巻の滑りで金。日本選手団の主将として、「百花繚乱」をテーマに全選手がそれぞれの競技で花を咲かせることを願い、その通りの活躍を見せてくれた。
 もう1人のエース、高木美帆選手は金、銀、銅の3色のメダルを手に入れた。日本人女子では夏季も含めて初の快挙。パシュートではバルチック艦隊を打ち破った連合艦隊のように、個々の力で上回るオランダを相手に真っ向、王道の力で圧倒したチーム力に国民は酔いしれた。
 かつての日本スピードスケートのエース清水宏保さんは、現役時に多くのメダルを獲得したが、その色によって思いが異なるという。銅はメダルが獲れてホッとした気持ち、金はもちろんうれしい気持ちで、銀は銅より上だが、負けて悔しい気持ちの方が大きい。応援する側も同じではないだろうか。
 メダルを獲れば一躍スターのオリンピック。入賞しながらもメダルに届かなかった選手もたくさんおり、銀、銅のメダリスト以上に悔しさは大きいはず。4年後の北京で巻き返し、さらに多くの花を咲かせてほしい。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. やにこうおいしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る