御坊の八ッ房 サバ三昧弁当販売へ

 3月8日のサバの日に合わせ、御坊市湯川町丸山、紀州なれずし「八ッ房」(津村孝房代表)がサバをふんだんに使ったオリジナルのサバ三昧弁当「鯖ばっかい」を考案。3月3日から11日まで380円(税込)で販売する。
 御坊を盛り上げようとグッズ販売など相互に協力している御坊市の紀州鉄道社員から一般目線でアドバイスも受け、試行錯誤を繰り返して7種類の寿司を1パックにした。ネーミングの「ばっかい」は「ばっかり」の御坊弁から名付けた。
 全ての寿司にサバを使っており、秘伝のたれに漬けた焼きサバと、しめサバのにぎり、バッテラ、早なれ寿司、高菜包み、サバの巻き寿司、焼きサバをほぐしてシャリと混ぜ合わせて玉子を乗せたにぎりの7種類。一つ一つ味が違って見た目もきれいに仕上がった。値段もサバの語呂合わせで設定しており、特別価格の提供となる。
 紀州鉄道とコラボした「紀州鉄道弁当」も今後開発していく。津村さんと二女の記代さんは「なれ寿司だけではなく、いろんな寿司を楽しんでもらえますので、ぜひ食べてください」とPRしている。店頭販売のみ。予約等は同店℡0738㉒7793。

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る