読書感想文コンク 上野君に毎日新聞社賞

 全国学校図書館協議会、毎日新聞社主催の第63回青少年読書感想文コンクール最終審査で上野桧生(かいせい)君(和田小3年)の作品が小学校中学年の部で優秀作品賞に当たる毎日新聞社賞を受賞した。内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞に次ぐ賞。東京・千代田区の経団連会館で行われた表彰式に出席し、賞状や盾のほか選んだ本の著者からのメッセージやサイン本も手にした。
 応募総数は2万5847校から430万7256編。中学年の部で優秀作品賞以上に選ばれたのは7人で6人が4年生、3年生は上野君のみだった。上野君の作品は「『いのちをいただく』を読んで考えたこと」。1年生の時、先生に読み聞かせてもらった絵本で、食肉センターで牛を牛肉にする仕事をしている坂本義喜さんの物語。聞きながら泣いてしまったことが忘れられず、自分で読んでみて「たくさんの人の悲しい思いに気づいていきたい」と思いをつづった。
 表彰式には約830人が出席。舞台で賞状等を受ける時はライトが熱く、緊張したという。著者の内田美智子さんからの「しっかりした文章で食べ物のこと、命のことを考えて頂きうれしいです」というメッセージを手渡され、内田さん、絵本に登場する坂本さん、絵を担当した魚戸おさむさんの3人からの「上野桧生さんへ」とするサインが記された「いのちをいただく」もプレゼントされた。内田さんからは「いただきます、ごちそうさまはいのちのことば。心こめて」、坂本さんからは「いつかどこかで会いましょうね」、魚戸さんからは登場人物の女の子の絵、作者の3人の似顔絵とともに「おめでとうございます」の言葉が贈られている。また、審査委員が名札を頼りに上野君を探し当て「飾らない自分の言葉で書いていたところがとてもよかった。『いのちをいただく』は絵本だけでなく単行本でも出ているので、いつかぜひ読んで下さい」と言葉をかけてくれたという。上野君は「表彰式に出てよかった。立派な盾や作者の先生のメッセージをもらえて、とてもうれしいです」と笑顔で話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る