読書感想文コンク 上野君に毎日新聞社賞

 全国学校図書館協議会、毎日新聞社主催の第63回青少年読書感想文コンクール最終審査で上野桧生(かいせい)君(和田小3年)の作品が小学校中学年の部で優秀作品賞に当たる毎日新聞社賞を受賞した。内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞に次ぐ賞。東京・千代田区の経団連会館で行われた表彰式に出席し、賞状や盾のほか選んだ本の著者からのメッセージやサイン本も手にした。
 応募総数は2万5847校から430万7256編。中学年の部で優秀作品賞以上に選ばれたのは7人で6人が4年生、3年生は上野君のみだった。上野君の作品は「『いのちをいただく』を読んで考えたこと」。1年生の時、先生に読み聞かせてもらった絵本で、食肉センターで牛を牛肉にする仕事をしている坂本義喜さんの物語。聞きながら泣いてしまったことが忘れられず、自分で読んでみて「たくさんの人の悲しい思いに気づいていきたい」と思いをつづった。
 表彰式には約830人が出席。舞台で賞状等を受ける時はライトが熱く、緊張したという。著者の内田美智子さんからの「しっかりした文章で食べ物のこと、命のことを考えて頂きうれしいです」というメッセージを手渡され、内田さん、絵本に登場する坂本さん、絵を担当した魚戸おさむさんの3人からの「上野桧生さんへ」とするサインが記された「いのちをいただく」もプレゼントされた。内田さんからは「いただきます、ごちそうさまはいのちのことば。心こめて」、坂本さんからは「いつかどこかで会いましょうね」、魚戸さんからは登場人物の女の子の絵、作者の3人の似顔絵とともに「おめでとうございます」の言葉が贈られている。また、審査委員が名札を頼りに上野君を探し当て「飾らない自分の言葉で書いていたところがとてもよかった。『いのちをいただく』は絵本だけでなく単行本でも出ているので、いつかぜひ読んで下さい」と言葉をかけてくれたという。上野君は「表彰式に出てよかった。立派な盾や作者の先生のメッセージをもらえて、とてもうれしいです」と笑顔で話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る