人それぞれの好みで

 平昌五輪フィギュアスケートの男子シングルは17日、フリーが行われ、日本の羽生結弦選手が今大会、日本勢で初めて金メダルを獲得。この種目で66年ぶりとなる五輪2連覇を果たした。宇野昌磨選手も銀メダルに輝き、五輪のフィギュアスケートでは初めて日本勢が2人で表彰台に上がった。日本人として「よかった」と思った。
 と言っても、16日のショートプログラムも合わせ、2人の演技をテレビで見たが、正直よく分からないというところが本音。採点競技に魅力を感じなくないが、テレビから「強い」と聞こえても、その選手のすごさの判断は難しく、筆者はゴール数やタイムで競うスポーツの方が、実のところ好みだ。
 よくわからないと言えば、先日テレビで「魚の味は全て同じ」という放送を見た。和食店の料理人が目隠しをして食べたところ種類を当てられない。解説を聞くと、魚の筋肉の中にある味の成分(遊離アミノ酸)は誤差程度で、魚のおいしさは食べた時の脂の香りを感じるから。そのため脂が乗った腹の部分なら違いはあるが、筋肉が多い背の部分はほとんど同じ味しか感じないという。
 近ごろ、「グルハラ」という言葉があるようだ。グルメハラスメントの略で、自分の食べ物に関するこだわりや好みを他人に押し付けること。焼き肉や鍋物の食べ方で「このタイミングで食べなくてはならない」、お寿司を「この順番で食べないとおいしくない」といったように、自分の流儀を強要するものが典型例として挙げられている。フィギュアスケートの採点は審判員が行うが、料理の味は自分。人それぞれ好みはあるし、他人の「うまい」「まずい」をどうこう言うものではない。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 数に限りはありますが

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る