LGBTの理解深めよう

 左利きの人、血液型がAB型の人。皆さんの周りにも、すぐに思い浮かぶだけでたくさんいるのではないだろうか。およそ13人に1人の割合だそうだ。実は性的マイノリティといわれるLGBT(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字)の日本人も約8%、13人に1人といわれている。日本人の4大名字といわれる佐藤、田中、鈴木、高橋を合わせても5%程度だと考えると、LGBTの人が多いことが分かる。
 しかし、身近にLGBTの人がいるかと聞かれると、左利きの人やAB型の人のように思い浮かばない。いないのではなく、気づいていないだけ。いや、知識不足ゆえの差別や偏見という誤った見方が社会にはまだあり、カミングアウトできないでいる人がたくさんいるということだろう。とくに性同一性障害といわれるトランスジェンダーやトランスセクシャルの人たちは、なかなか他人には理解してもらえない苦しみがあるだろう。先日、美浜町で開かれたLGBTのトークイベントで、そんな悩みに少し触れることができた。
 女性から男性への性適合手術を受けている中久保眞実さんは心と体の性の不一致に悩んだという。さまざまな困難を乗り越え、生き生きと生活している本人はもちろん、印象に残ったのは中久保さんの母親。カミングアウトを受けたとき、子どもの好きなようにさせてあげようと思ったという話にぐっときた。その母から「皆さんは家族からカミングアウトされたら、どうしますか」との逆質問に少し考えた。この母親のようにできるだろうか。なかなか答えは出ないが、こんなふうに考えてみることからLGBTへの理解が深まっていくのだと思う。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. エビいっぱいとれたで

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る