自殺防いだタクシー運転手の榎本さんに感謝状

 自殺を未然に防止したとして田辺署は14日、南部タクシー田辺営業所(本社・みなべ町)のタクシー運転手榎本正晴さん(56)=田辺市秋津町=に感謝状を贈呈した。昨年12月に紀伊田辺駅から乗車した海南市の40代男性の言動などを不審に思い、自殺をやめるよう説得。同署に連絡するなど適切に対応した。榎本さんは「命が救えてよかった」と振り返った。
 昨年12月17日午後4時ごろ、紀伊田辺駅から暗い表情だった男性を乗車させ、目的地を聞くと「三段壁」と伝えた。榎本さんは「冬場で日が暮れるのも早いのにこの時間から観光で三段壁に行くのはおかしい」と思い、男性と話をしてみると自分の病気のことで悩んでいる様子で、「生まれ変わって新しい体をもらいたい」などと打ち明け、過去に手首を切った跡も見せた。榎本さんは親身になって話を聞き、目的地だった三段壁に行くのはやめて最寄の新庄駐在所に行き先を変更。駐在所の署員が不在だったため、駐在所の電話から田辺署の本署に連絡し、駆けつけた署員に事情を説明。迅速適切な対応で自殺を未然に防ぎ、人命救助に大きく貢献した。
 感謝状の贈呈は同署で行われ、森昇治署長から手渡された。榎本さんは「タクシーの運転手として勤務したのは昨年1月からで、今回のようなケースは初めて。車内で7、8分の出来事だったが、命が救えてよかった。これから元気に暮らしてもらいたいです」と振り返り、同席した田辺営業所の竹邉正和所長(62)は「対応の判断が難しいような場合は警察などに相談することを普段から指導していることが生かされた。ドライバーの榎本さんの対応もよかった」と話した。森署長は「適切な対応で尊い命を救い、人命救助に貢献していただいた」とたたえた。

関連記事

フォトニュース

  1. もういうてる間ぁに春やな…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る