ひき逃げ? 印南の路上で倒れていた女性死亡

 印南町印南原の路上で11日夕方、近所に住む88歳の女性が倒れているのが見つかり、病院に運ばれたが、その後、搬送先で死亡が確認された。司法解剖の結果、死因は多発外傷による外傷性ショックで、御坊署はひき逃げなど交通事故に巻き込まれた可能性が高いとみながら、事件と事故の両面で慎重に捜査を進めている。
 亡くなったのは、印南原の無職井上百合子さん(88)。調べによると、11日午後4時30分ごろ、同地内の県道から脇に一本入った私道上で、井上さんが倒れているのを、近くのビニールハウス内で農作業をしていた男性が見つけ、知らせを受けた井上さんの家族が4時46分ごろに119番通報。井上さんは当初意識があったが上半身を中心に何かで強く打っており、発見から約4時間後の午後8時37分、搬送先の病院で死亡が確認された。腰や胸、腕などに多数の骨折があった上、顔にはすり傷があり、けがは単に転倒しただけでは考えにくいという。
 現場の私道は行き止まりになった丘の上。車が転回できる広さ5~6㍍四方のスペースになっている。第一発見者の男性は、うめき声を聞いてビニールハウスを出たところ、倒れている井上さんを見つけたという。井上さんの家族によると、井上さんは普段から現場の方へ散歩や畑を見に行ったりしており、この日は午後4時半前に自宅で姿を確認。その後、現場の近くを通ったとみられている。周辺の人の話では農作業関係の車以外はほとんど立ち入ることがない場所。御坊署は近隣住民への聞き取りも行うなどし、ひき逃げの可能性を含めて事件と事故の両面から調べている。

関連記事

フォトニュース

  1. そり立つ壁をよじ登れ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 第23回日高町ふれあい祭

    11月 16 @ 12:00 AM - 11月 17 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る