がんばっていきまっしょい!

 美浜、日高、由良の3町でつくる県道御坊由良線整備促進協議会の設立準備会が9日に町村会応接室で開かれ、3首長がことし4月に同協議会を設立することで合意した。同線は3町の海岸線を走る道路で、現在も狭く不便な区間が多く残っている。今回、災害支援や観光、生活ルートとしての必要性を再認識し、3町がスクラムを組んで改良を促進していくのが目的。設立後は関係機関への要望活動などを展開していく。
 対象となる県道御坊由良線は、御坊市内花ご坊前交差点から和田を通って海岸線に向かい、日高町を通って由良町の衣奈トンネル北詰めまでの延長37㌔区間。二十数年前までは「キララ・ときめきロード」の愛称で整備が進められてきたが、他の優先順位が高い県道整備が進められる中で、この愛称での取り組みが立ち消えの状態となっている。現在も一部区間では拡幅、改良が進められているが、狭い幅員や急カーブなど交通の便が悪い未整備区間が多くある。
 設立準備会では美浜町の笠野和男副町長が趣旨を説明。さらに担当課職員が県道御坊由良線について▽海岸沿いに点在する集落を結ぶ唯一の道路であり、災害時の支援道路として強化が必要▽沿線は紀伊水道や点在する島々が眺められる風光明媚(めいび)なところ。温泉、民宿、海水浴場、日ノ御埼などをつなぐ観光ルートにもなる▽サイクリング道路として奨励されているが、現在では狭く危険▽生活道路としても支障が出ている――などと、整備の必要性を説明した。
 これを受け畑中雅央由良町長は「協力して取り組んでいくことは大事」、松本秀司日高町長は「あらためて県道御坊由良線を重要道路として位置付けよう」、森下誠史美浜町長は「三本の矢として3町が集まって取り組めることは、素晴らしい」などと述べた。
 今後は4月にも県道御坊由良線整備促進協議会の設立総会を開催。会員は町長、町議、区長会会長、バス、タクシー、トラックなどの運輸民間会社、観光の関係者らを予定している。主な活動としては、3町が連帯と協調を図りながら、県などへの要望活動を行っていく。

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る