日高地方花き連品評会 山本さんら3人金賞

 花の生産技術を高めようと日高地方花き連合会(佐藤公彦会長)が昨年から開いている「花き品評会」の受賞作品が決まり、最高の金賞には前田昌紀さん(33)=御坊市名田町野島=のスターチス、浜田正さん(41)=同=のカスミソウ、山本修功さん(47)=同町楠井=のバラが選ばれた。
 12品目64点の出品があり、JA紀州や日高振興局職員、農業試験場研究員ら6人が、観賞価値があるか、品種の持つ特性が発揮されているかなどを審査。高い栽培技術がうかがえた金賞3点、銀賞5点、銅賞7点を選出した。
 前田さんは品種フェアリーピンクを出品。講評では「発色に優れ、ガクの伸びやかな開きを伴ったブラシのボリューム感が圧倒的で、審査員の満場一致で決まった」と高評価を得た。代理で出席した父の敏雄さん(66)は「息子も励みになると思います」と喜んでいた。
 浜田さんはホワイトベールを出品。「最も品質が低下しやすいこの時期の品としては間延びが抑えられ、切り花全体にバランス良く開花している」と支持された。浜田さんは「昨年は銅賞で、金賞に選ばれてうれしい」と笑顔いっぱい。
 山本さんは白いバラのアバァランチェを出品。「持ち味である花のボリューム感を引き出しており、1本1本の品質の揃いが抜群で、一目で見る者を引きつける魅力あふれる作品」と絶賛された。山本さんは「土作りや温度と水管理に気をつけています。金賞はうれしいですね」と話していた。銀賞、銅賞は次の皆さん。
 【銀賞】山野茂、山下勝也、睦又常由、芝本貴史、尾曽紀文【銅賞】山添弘文、菊地勝、笠井一暁、有地秀和、笹本雅也、堀真人、堀秀男

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る