進むキャッシュレス社会

 美浜町の和田小学校で行われた、きのくに信用金庫の出張授業「きのくにマネースクール」を取材した。児童たちは世界8カ国・地域の紙幣に触れたり、1億円の重さを体験したりしながらお金について学んだが、こんな授業もあと何年かすれば見られなくなるかもしれない。
 ヨハネス・クヌッセン機関長の殉難50周年事業で訪問したことがあるデンマークでは、2030年までに廃止されるものがあるという。それは「現金」。すでに、現金はあまり使われておらず、国民の抵抗感は少ないらしい。子どもへのこづかいは口座に振り込む、割り勘の場合も1人がまとめて支払って、あとで口座に振り込む。そんな話がテレビの街頭インタビューで紹介されていた。キャッシュレス社会はマネーロンダリングや銀行強盗など、さまざまな犯罪を防げる。サイバー犯罪への課題はあるが、実現へ向かっている。
 中国でも、現金を持たないという。「偽札が多い」のが理由の一つのようだ。スーパーをはじめ、屋台でもスマホでQRコードを読み取って、金額の数字を打ち込んで銀行口座から支払う。驚くのは祝儀、さい銭、さらにホームレスへの支援にも使われているということ。日本にいると考えが及ばない。
 キャッシュレス化が進めば、スーパーで財布の中の小銭を探す人が前にいてレジを待たされるイライラ感も解消されるのかも。「1万円を崩したくない」と、ちょっとした支出を我慢することもなくなり、消費を活発化させるかもしれない。汚れている現金に触れないので健康にもいい、お金の出し入れにかかわる時間も短縮できる。デメリットも多いが、観光にも影響してくるので世界的な流れに乗り遅れてはいけない。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 丁寧、誠実がモットーです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る