進むキャッシュレス社会

 美浜町の和田小学校で行われた、きのくに信用金庫の出張授業「きのくにマネースクール」を取材した。児童たちは世界8カ国・地域の紙幣に触れたり、1億円の重さを体験したりしながらお金について学んだが、こんな授業もあと何年かすれば見られなくなるかもしれない。
 ヨハネス・クヌッセン機関長の殉難50周年事業で訪問したことがあるデンマークでは、2030年までに廃止されるものがあるという。それは「現金」。すでに、現金はあまり使われておらず、国民の抵抗感は少ないらしい。子どもへのこづかいは口座に振り込む、割り勘の場合も1人がまとめて支払って、あとで口座に振り込む。そんな話がテレビの街頭インタビューで紹介されていた。キャッシュレス社会はマネーロンダリングや銀行強盗など、さまざまな犯罪を防げる。サイバー犯罪への課題はあるが、実現へ向かっている。
 中国でも、現金を持たないという。「偽札が多い」のが理由の一つのようだ。スーパーをはじめ、屋台でもスマホでQRコードを読み取って、金額の数字を打ち込んで銀行口座から支払う。驚くのは祝儀、さい銭、さらにホームレスへの支援にも使われているということ。日本にいると考えが及ばない。
 キャッシュレス化が進めば、スーパーで財布の中の小銭を探す人が前にいてレジを待たされるイライラ感も解消されるのかも。「1万円を崩したくない」と、ちょっとした支出を我慢することもなくなり、消費を活発化させるかもしれない。汚れている現金に触れないので健康にもいい、お金の出し入れにかかわる時間も短縮できる。デメリットも多いが、観光にも影響してくるので世界的な流れに乗り遅れてはいけない。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る