御坊の往生寺 会津藩士の書額所蔵

 山川浩と御坊中野家の150年前の交流をきっかけに会津と御坊の歴史が再び脚光を浴びる中、御坊市湯川町財部、浄土宗宝永山往生寺(森川正教住職)で、会津藩士で画人の丸山抱石(ほうこく)の書額が見つかった。御坊日高には会津ゆかりの品が残っているが、書は非常に珍しい。「清逸(せいいつ)」と書かれており、山川と同じく、鳥羽伏見の戦いの敗走中に御坊で助けられたことに感謝を示す貴重な資料といえそうだ。
 抱石(1817~1898年)は画号で、本名は鎮之丞。丸山忠之丞胤永の長男。幼少のころから書画や詩を好んだという。家禄500石を継ぎ、学校奉行となり、藩主が京都守護職在任中は京都常詰番頭を務めた。戊辰戦争の緒戦となった鳥羽伏見の戦いで敗走、山川らと御坊に落ち延びたとみられている。
 往生寺では代々、会津藩士から贈られた書額があることを言い伝えられてきており、約40年前に現在の庫裏に建て替える前までは飾っていたという。第24代の森川住職は書額を見た記憶はなく、会津と御坊の交流が再び話題となる中、御坊市教育委員会から「往生寺に書額が残っていると日高郡誌に掲載されているが、ありますか」との問い合わせがきっかけで探したところ、倉庫に保管されているのを見つけた。
 清らかで優れているという意味の「清逸」と書かれ、往生寺で世話になったことをうかがわせる内容。「戊辰上春 為 宝永山道人」の文字から、戊辰(明治元年)の鳥羽伏見の戦いの敗走途中に往生寺住職にあてた書であること、「抱石廷者」の署名から会津に使える抱石が書いたものであることを明確に示している。泊まった時に書いたものか、のちに贈られたものかは分からないが、傷ついた多くの会津藩士を助けた御坊日高の人々の気質を示す資料ともいえそうだ。
 連絡を受けて確認した御坊市文化財保護審議委員の塩路正さんは「1800人余りの会津藩士が御坊日高で手厚く受け入れられ、お礼に贈られた鎧かぶとや会津ゆかりの皿などの品はありますが、書は非常に珍しい。達筆で保存状態もよく、貴重な資料」と太鼓判。「一般家庭にも眠っている品があるかもしれませんので会津ゆかりの品があれば連絡してほしい」と呼びかけている。森川住職は「戊辰150年の節目の年に、再び日の目を見ることができてよかった。大切に保管し、機会があれば皆さんに見てもらえるようにしたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る