遺された教訓に学ぶ

 「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」。戦国最強といわれた武田軍団、武田信玄の言葉として「甲陽軍鑑」に記されている、勝負における人の働きの大切さを説く格言で、現代では企業経営で人材の力や人とのつながりの大切さを表現するために引用される。
 インターネットで調べると、適材適所で個人の才能を十分に発揮できる集団をつくることが大切で「その人材こそが城であり石垣であり堀である」との教訓。さらに信玄は「信頼してこそ人は尽くしてくれるもの」という言葉も残しており、口だけでなく時に頭を下げて自分から先に人を信じようと心がけたといわれている。
 先日、印南町商工会の講演会があり、取材した。法政大学講師で往来物研究家の小泉吉永さんが「江戸に学ぶ人育て人づくり~事業継承の極意~」をテーマに講演。主に江戸時代の人材育成に関する資料を読み解いた。紀州徳川家の初代、徳川頼宣作の「父母状」を紹介。「父母への孝行」「法度遵守」「分限」「倹約」「家督出精」「正直」の6項を説き、領内一般に示した教訓という。このほか但馬(兵庫県)の庄屋、西村次郎兵衛が残した「親子茶呑咄(ちゃのみばなし)」から「おかげさまの気持ちを忘れるな」「指導者の自覚と自己批判を忘れるな」「成果主義と温情主義の中道をいけ」「従業員には親心で接して情けをかけよ」「後継者は人物本位で選べ」「引退後は後継者を引きたてよ」という主人としての心得を説明した。
 遺された格言、教訓、心得には、日本人が大切にしてきた思いが込められている。「現代最強」とまではいかずとも、組織運営や人材育成に生かすことができる。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る