南高食と農園科の生徒が梅のジャム作り

 本年度に新設された南部高校(浜野仁孝校長)の食と農園科1年生約120人は、2日に実習活動を行った。専攻している園芸、加工流通、食文化探究のコース別に、外部から講師を招いて実施。ジャム作り、南高梅を使った和食調理などに取り組み、生徒は専門家からの実技指導を通じて熱心に学んでいた。
 食と農園科は、学科改編により本年度から新設。園芸・加工流通・食文化探究の3コースがある。農作物の価値を上げる知識や栽培技術が得られるカリキュラムなどに取り組み、地域産業を担う人材を育成することを目的としている。
 今回の実習活動は初めての取り組み。加工流通の実習では、県うめ研究所の土田靖久主任研究員を講師に迎えて「特産であるウメを利用した加工品の開発」をテーマに講義。町内の梅の生産状況や同研究所で取り組んでいる梅の機能性を高める方法などについて説明を受けた。このあと冷凍梅を使ってウメジャムづくりが行われ、同校の岩崎将大教諭が指導。砂糖と一緒に煮詰めて仕上げた。デコレーションケーキづくりは創旬菓房「みさき堂」の三前雅信店主らプロの職人が指導。生徒たちは「実技だと食品の加工方法がよく分かる」などと熱心に取り組んでいた。
 園芸コースの生徒は、キャタピラー教習所㈱の従業員(和歌山市)から刈り払い機(草刈り機)の使用について指導を受けた。食文化探究コースの生徒は大阪調理製菓専門学校(大阪府泉大津市)を訪れ、「南高梅を使った和食調理」をテーマに学習した。

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る