御坊で認知症支援の研修会

 認知症支援の充実に向けて御坊市と有田地方が合同で取り組む「本人の視点に立って暮らしやすい地域を一緒につくろう 市町合同アクション・ミーティング」の最終となる第3回が御坊市役所で開かれ、これまでの取り組み成果が発表された。
 日高地方や有田地方、紀の川市などから行政職員、ケアマネジャーら約50人が参加。取り組み報告では、有田と御坊市の3グループがそれぞれ発表。認知症対応型デイサービスで利用者が中心となって「もちまき」を実現したことや、別のグループは認知症の人が一人で病院を受診したときの支援のあり方などについて活動内容を紹介し、「本人の声に耳を傾け、本人が望む支援を実践していくことが大切」などと訴えた。続いて各グループごとに実際の事例を挙げて、支援のあり方を意見交換した。
 国の老人保健事業推進費補助金を活用した「認知症診断直後等における認知症の人の視点を重視した支援体制構築推進のための調査研究事業」の一環で実施。同事業には御坊市介護福祉課の谷口泰之副主任が和歌山県代表として参画しており、「本人ガイド」の作製に取り組んでいる。今回のミーティングで取り組んだことも本人ガイドに反映していく。このほか、今月16日には県勤労福祉会館で開かれるワークショップでも今回の取り組みを発表する。

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る