御坊日台友好協会 台湾の中学生を受け入れへ

 日本統治時代の台湾で農業水利事業を指揮した八田與一の功績を多くの人に知ってもらおうと、御坊日台友好協会(古山隆生代表)が毎年行っている台湾の中学生との交流事業で、ことしは初めて、台湾から学生を受け入れる。女子生徒2人で、きょう3日から7日まで来日。日高地方での民泊、中学校での授業体験などが予定されており、中学生同士の交流で日本と台湾の友好が一層深まると期待されている。
 同協会では2016年から日高地方の中学生を対象に八田與一(1886~1942年、石川県出身)についての感想文を募集し、優秀者を台湾スタディーツアーに招待。昨年、一昨年とも中学生2人ずつが台湾の歴史や文化を学び、台南市の官田区国民中学校で授業に参加するなど現地の同世代と交流を行った。ことしは相互交流の第1弾として、中学生を受け入れて日本の文化に触れ、生徒と交流してもらうことにした。
 来日するのは、八田與一についての作文を書いて選抜された官田区国民中学校の胡琇婷さん(14)と張綵 さん(14)の生徒2人と引率の教員1人。3日夕方に関空に到着し、印南かえるの宿のメンバー宅で民泊。4日は御坊寺内町や湯浅町の町並みなどを散策し、5日は御坊市の田端美鈴さんの指導でお茶と生け花を体験する。メインの交流は6日で、昨年の台湾スタディーツアーに参加した生徒がいる日高川町丹生中学校を訪問。3~5限の授業を受け、給食も一緒に食べる。滞在中は古山さんが案内役となり、温泉入浴、浴衣体験、外国では見ることができない「無人販売」なども見てもらい、日本への理解を深めてもらうことにしている。古山さんは「初年度から2年間はこちらから台湾を訪問していましたが、ことしは初めて日本に来てもらいます。日本と台湾の相互交流のきっかけとなり、これから学校単位、地域単位に広がってほしいと願っています。交流をきっかけに八田與一についても知ってもらいたい」と話している。
 土木技師の八田與一は、台南市の烏山頭ダム(1930年完成)や約15万㌶に張り巡らせた水路工事を指揮。不毛地帯を大水田地帯にした偉業は現地でもたたえられており、銅像も建立されている。
 
 

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る