若者の「休養」に理解を

 若者のひきこもりの回復支援に取り組む「ヴィダ・リブレ」というNPO法人がある。和歌山大学名誉教授で精神科医の宮西照夫さん(69)が理事長を務め、美浜町和田の宮西さんの自宅そばに活動拠点を置く。
 精神科医や臨床心理士、精神保健福祉士など医療保健の専門家のほか、自身もひきこもり経験のあるメンタルサポーターという支援者がスクラムを組み、家の中で苦しみながら社会へ踏み出そうともがく若者に手を差し伸べている。
 美浜では2年半ほど前に第1回の研修会が開かれた。その後も折々、連絡をもらって取材を続けているが、国内の現状と問題点、実際のひきこもりの現場、当事者や家族の生の声を取材し、連載記事を書きたいと思いながら、時間がとれないのがもどかしい。
 宮西さんによると、社会的ひきこもりは日本固有の若者の心の病理現象。高度成長とその後の経済的な豊かさ、受験戦争など特異な社会のありようが要因と考えられ、日本を追うように似た成長を遂げた韓国も問題は深刻らしい。
 何年も自室に閉じこもり、他人との関係を拒み、母親に対して暴言、暴行を繰り返す。周囲は勢い、「何を甘ったれとんのじゃ」と怒りに震えるが、このショック療法がうまくいくケースはまずなく、対応を間違えるとさらに状態を悪化させることになる。
 幻聴や妄想を伴う精神障害、自閉症スペクトラム障害等の発達障害、うつ病などが絡んでいる場合も少なくなく、この見極めが何よりも重要なのだが、専門家でさえ判断を誤ることがあるという。
 見極めと入り方さえ正しければ、完成されたプログラムで回復できる。家族も友達も企業や社会も、つまずいた若者の「休養」に寛容な心を。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る