まちづくりの大きな力に

 本場和歌山県日高町の天然クエ鍋が見事グランプリに輝いた、ニッポン全国鍋グランプリに同行取材した。会場では過去最高の62チームのブースが設営され、厳しい寒さの中も人、人、人の大にぎわい。おととし1月にクエ鍋が初参戦した時も同行したが、和歌山県で開催するイベントとは桁違いの規模の大きさにあらためて驚かされた。
 そんな中も、水揚げが少なく高級な〝幻の魚〟は注目の的で、開始早々から長蛇の列。全国ネットや埼玉県のテレビ局が取材に来たり、SNSで紹介されたりするなどで、全国にその名をとどろかせた。
 このイベントに天然クエ鍋が初参戦した時は3位。それでもすごいが、今回スタッフたちが目標にしていたのはグランプリ、日本一の栄冠。過去2回の優勝、1回の準優勝経験を持つもちぶた炙(あぶ)りチャーシューバージョンとん汁(千葉県)は不参加だったが、前々回優勝、前回準優勝の牛すじシチュー鍋(埼玉県和光市)は参戦しており、優勝を狙って気合十分。2日目は持ってきていた鍋が完売したあと、追加の鍋を用意するなどでラストスパートをかけていた。天然クエ鍋のスタッフは初日で劣勢の見方もあったため、2日目は気合を入れ直し、目まぐるしい忙しさの中も最高の味を提供できるよう懸命の努力。スタッフ全員が心を一つにして休みなく作業する姿を見て、「本当にお疲れさまです」と言いたい。
 今回の参戦は地方創生事業の一環だったが、最高の結果で終えた。そして、鍋グランプリを通じて、町や商工会、旅館民宿組合など官民が一致団結できたことこそ、今後のまちづくりの大きな力になると確信している。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る