幻の善妙寺焼 中野さんが市に皿を寄贈

 江戸時代中期のわずか10年ほどの間にしか制作されず、幻の焼き物といわれる御坊発祥の「善妙寺焼」の皿を所有する御坊市島、中野ひろさん(93)がこのほど、5枚すべてを御坊市に寄贈した。市教育委員会では今後、塩屋町の歴史民俗資料館で大切に保管し、多くの人に見てもらえるよう期間を設けての展示も検討中。現存する品が非常に少なく、愛好家らから人気を呼びそうだ。
 善妙寺焼(紀伊国名所図会では「善明寺焼」)は、御坊市島の善妙寺6世住職の玄了が手がけた焼き物。
 中野さんは、150年前、小松原村に落ち延びた山川浩ら会津藩士を命がけで助けた旅館「中屋」経営の中野家の本家で、夫の父はのちに本町に移転して「中吉旅館」に改名した中野吉右衛門。中野さん自身も若いころから文化財に興味があり、45年ほど前、当時の文化財保護審議委員の人に「中野さんの家に善妙寺焼があると思うけど」といわれていたという。当時はどこを探しても見つからなかったが、それから約45年後の昨年、中野家の新家に当たる御坊市本町の中野健さん(64)=横浜市在住=の実家で見つかり、話題となった。箱には「善妙寺焼皿 五枚」と書かれており、中には皿5枚が保管されていた。本来の持ち主であるひろさんの手元に戻り、「よりよい方法で活用してもらえれば」と市に寄贈した。ひろさんは「善妙寺とうちは親戚関係。どういう経緯で善妙寺焼をもらったのか、どのようにして健さんの実家に渡ったのかは分かりませんが、無事見つかってよかった。少しでも御坊に貢献できればとの思いを込めて寄贈しました」と話している。市教委では「善妙寺焼のことを解明するのに非常に貴重な資料で、本当にありがたい。多くの人に見てもらえる機会も作りたい」とし、具体的には今後検討していく。
 善妙寺焼は玄了一代の制作で、寛延年間(1748~1751年)から亡くなった宝暦9年(1759年)にかけて、わずか10年前後の間に個人の趣味的に焼かれたとされている。材料の粘土は名田町楠井の「善妙寺畑」と呼ばれた場所で採集し、善妙寺近くの「経野(きょうの)」と呼ばれる場所に窯跡があったとされるが、詳しいことはまだ分かっていない。現存する善妙寺焼では茶室で花を飾る「籠形花生」が有名だが、茶碗や皿などさまざまな種類の焼き物も手掛けていたという。

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ見にいらしてください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る